無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

― 🐒 ―
あなたとのデートが終わったあとの
仕事です。
川村壱馬
あ、翔平どうやったん?
川村壱馬
あなたちゃんとの初デートは
長谷川慎
あ、それ俺も気になります
浦川翔平
なんと、情けないことに…
浦川翔平
あなたの方からキスをされました…
長谷川慎
情けな、翔平
川村壱馬
ていうか呼び捨てで呼ぶことになったんやね
浦川翔平
そうなんですよ
浦川翔平
自分からキスをしようと考えていたんですが、気がついたらほっぺにキスをされてまして…
長谷川慎
ほっぺなんじゃないっすか
長谷川慎
翔平さんが口にキスすればいいんですよ
浦川翔平
そんな簡単に言うな!
RIKU
じゃあそれは翔平がいくしかないね
長谷川慎
ですよね、陸さん
川村壱馬
やっぱ口にキスをせんとな
浦川翔平
やはり、ハードル高すぎます…
川村壱馬
そんなん言ってたらあなたちゃんに情けなって思われて振られるかもしれんで?
浦川翔平
それは嫌すぎます
吉野北人
俺もそー思う〜
藤原樹
翔平には無理かもね
浦川翔平
む、む、むりじゃねぇし
吉野北人
じゃあ次のデートの時は翔平からあなたちゃんにキスをする!分かった?
浦川翔平
ぐぬぬ…
RIKU
じゃあとりあえずあなたちゃんとのファーストキスは翔平からするように心がけて
浦川翔平
もちろん、そのつもりです!
長谷川慎
出来れば次のデートでね
川村壱馬
頑張れよ、しょーへい
浦川翔平
はい!わたくし、頑張ります!