無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

╴❤ ╴
あなたSide



翔平「好きです。あなたさんのことが」
長濱〇〇
えええええええええええええええ!?
史上最高の叫び声
sister
うぅぅぅるさいっ!
mother
こんな夜に!近所迷惑でしょうが!
夜は控えなさい!夜は!
うわぁん。motherに初めて怒られた……
長濱〇〇
ごめんなちゃい。以後気をつけます
mother
ったくもう……
いや、そんなことよりも……
長濱〇〇
しょへに告白された……?
あなた『え?嘘だよね?冗談だよね?』





しょへが、私の推しくんが私の事好きになるわけない。何かの間違いだよ。うん。





翔平「いや、本気だよ」
長濱〇〇
いやっっっ、ちょっと待てよ!?
声抑えたよ。頑張って「いやっっっ」で止めたよ。




あなた『え、まだ信じられないんだけど……。どうしよう』
翔平「そんなに俺の事信じれない?」
長濱〇〇
話し方がいつものおふざけしょへじゃない!
あなた『いや、そういう訳じゃなくて。』
あなた『私の大好きな推しくんが私のこと好きっていうのが信じれない。』
翔平「いや、好きって言ってるじゃん」
長濱〇〇
ちょっと待て待て待て、
長濱〇〇
現実なのか?幻なのか?
長濱〇〇
なんか、臣くんのWho Are You?の歌詞
みたいになっちゃったぁ!
あなた『頭の中が大混乱なんだけど、、、』
翔平「なぜですか?」
あなた『これは、本当っていう風に捉えていいの?』
翔平「もちろんです」
あなた『それじゃあ答えは一択!』
あなた『こちらこそよろしくお願いします』
翔平「本当ですか!?ありがとうございます」
あなた『しょへのせいで臣くんのWho Are You?の歌詞になっちゃったじゃん!』
翔平「どゆことですか?」
あなた『現実なのか?幻なのか?って言っちゃったよ』
翔平「あなたさんは臣さんの曲も知ってるんですか?」
あなた『いや、まぁ、うん、好きかね😳』
翔平「推してる人が多いんですねぇ」
あなた『いや、臣くん嫌いな人は居ないでしょ‪𐤔』
翔平「まぁそれもそうですね笑笑」





いや、普通に話してるけど、我ら恋人同士?だよね、?
長濱〇〇
彼氏がしょへ……
長濱〇〇
最高に楽しいじゃねぇか!!!!!
やべっ、、大声出しちゃった……

ドタドタドタ
sister
ううううるさいっ!
長濱〇〇
ごめんなさい!
mother
何回言ったら分かるの!?
father
お前ら2人もうるさい。
(父、初登場)
長濱〇〇
ごめんなさいごめんなさい🙏
mother
もう。ほんとにこれ以上うるさくするなら
スマホ1週間禁止にするわよ!
長濱〇〇
はぁい……
スマホ1週間没収はつらい