無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

230
2021/02/07

第9話

なな
裏で見てた人たち
アズール
!?
ユウ
ユウ
わぁお
フロイド
は、、、
ユウ
ユウ
ジェイド先輩大胆!
アズール
違うと思います
ユウ
ユウ
アズール
たぶんあれ
フロイド
触れたら分かると思ったんですが
アズール
って思っていると思います
ユウ
ユウ
マジすか
アズール
であなたが
フロイド
よりによってこんなときに
アズール
って思っていると思います
ユウ
ユウ
アズール先輩と、フロイド先輩の、連携にビックリしてます、、
フロイド
まぁね~
フロイド
あなたは、分かりやすいよぉ
フロイド
ほら
ユウ
ユウ
ホラってただたっているだけだとおも
アズール
よく見てください
ユウ
ユウ
はっ!?
ユウ
ユウ
赤面している!?
アズール
だから言ったでしょう
アズール
恋と、伝えるのはあなたの方だと
ユウ
ユウ
そう言うことでしたか
アズール
はい
ジェイド
おや?珍しい組合せですね
ユウ
ユウ
ジェイド先輩!
ジェイド
なんでしょう
アズール
顔赤いですよ
ジェイド
?!
アズール
熱ですか?
ジェイド
わかりませんねぇ
アズール
寮に、一度戻ったらどうですか?
ジェイド
そうですね
アズール
あとラウンジも、休みで
ジェイド
?!
ジェイド
ア、アズールまだ風邪と決まっては、
アズール
いいから休んでください
ジェイド
わかりました
アズール
これで準備は、整いました
ユウ
ユウ
フロイド