無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

296
2021/05/22

第15話

11話
〜あなたsaid〜

最近先輩は、よく笑うようになった。

けど……………





一緒にいるのは私なのに………………

































先輩の瞳の奥には私がいない。





先輩は私ではない誰かと笑ってるように見える。
あなた

私と喋ってるはずなんだけどな、……………



今まで先輩が誰かと喋ってるところ、笑ってるところを見ても何も思わなかったのに、







なんでかな、



































涙が溢れて止まらないのは、
作者
ここからあなたたちの会話がありますが、そあらくんはぽちくんに相談していると思ってください。
なぴ
あなたちゃん?!
どうしたの?
あなた

なんでもないよ、

急いで涙を拭う。

しかし、涙は溢れて止まらない。
あまね
なんでもないわけないよね。
何かあるんでしょ?
あなた

大丈夫、

あなた

私が弱いだけだから。

なぴ
本当に何があったの?
ゆっくりでいいから話してくれないかな?
あなた

本当に大丈夫だからっ!(大声)

みんな
(そあら以外)ビクッ
あなた

お願いだから………
私をほっといて………

あなた

1人にして………お願い………


そう言って私は泣きながら走って家に帰った。


走ったものの体力は家まで持つわけなく、
途中から歩いて帰った。



























あれ?この道こんなに広かったっけ?

心做しか寂しく感じる。

今まで気づかなかった。

あまねくんたちの存在の偉大さが、
あなた

なんで突き放しちゃったんだろ、
明日謝らなきゃ!


そんなことを思っていたら、

そあらくんがぽちいぬ先輩と別れて1人で歩いていた。

気づかれないように静かに歩いていたが、
そあらくんは後ろを振り返り後ろにいた私に気づいた。
そあら
あれ?!あなたどしたの?!( ºロº)
泣いてるじゃん!、
俺で良かったら話してくれない?
さっきあんなことがあったから、尚更話さなきゃと思った。

でも思ったからこそ声が出せない。
そあら
大丈夫、ゆっくりでいいよ。
そあらくんのこういうところ好きだな……
あなた

最近先輩笑ってるよね、

そあら
うん
あなた

その場所に一緒にいるのも、
一緒に笑ってるのも私のはずなのに、
先輩は私を見てないの、

あなた

先輩の目に私が映ってないの。

そあら
そっか、
そあらくんは私がゆっくり喋ってるのに怒りもせず、相槌あいづちを打ちながら聞いてくれた。
そあら
あなたには言いづらいんだけど、先輩は『まだ』彼女さんのことを忘れられないんじゃない?
あなた

そんなこと分かってるよ。
私の恋が叶わないことくらい、

そあら
叶わないなんて言ってない。
『まだ』考えられないって言ってるの。
あなた

『まだ』?

そあら
そう。『まだ』
だからあなたにもチャンスあるよ!
そう言っていたそあらくんは、
どこか悲しそうな顔をしていた。




どうかしたのかな、?



あなた

そっか、ありがとうね!
私頑張る!

そあらくんが気になったが、 返事だけでもと思い返事をした。






でも、そあらくんのどこか悲しい顔は私の頭から離れなかった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者
今回はここまでです!
恋愛進展してるんですかね?
自分でもそう思っちゃいます、ごめんなさい、ちゃんと進められるようにします。
作者
今回は次回予告なしにしたいと思います。
内容はしっかり決まってるので投稿するつもりです。今日の投稿は夜遅くなってしまいすみません。明日は午前中か、今回のような遅い時間になるかと思います。遅くなったらごめんなさい、次回もお楽しみに!