無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

238
2021/07/29

第25話

21話


〜あーるん。said〜


モブ(男)
あーるん。ってさ、好きな人いないの?
あーるん。
はっ?お前急にどうしたんだ?
モブ(男)
え〜?だっていつも隣に可愛い子いるじゃん!
モブ(男)
えっと、誰だっけ?
あーるん。
あなたのことか?
モブ(男)
そうそう‼️その人!
ってかなんで下の名前呼び捨てにしてるんだよ、
あーるん。
仲がいいから?
モブ(男)
なんで『?』付いてんだよ、
そういえば、あなたのことどう思ってるんだろ?


友達という関係になったものの


どう思っているのかなんて考えてなかった。


彼女が亡くなってから好きとか分からなくなった。


だからあなたに特別な感情を持ったことがない、


そういえば、あなたから告白された気がするな


































ん? ちょっと待てよ? 告白?





最近忙しくて覚えてなかったけど、あなたから告白されてるじゃん?!


しかも、俺振ってなかったけ?


めっちゃ最低なことしてない?


気づかない間にあなたのこと傷つけてないかな、




一人で焦っていると、どんどんと顔が赤くなっていく。

モブ(男)
おい、大丈夫か?急に顔赤くしてどうしたんだ?
モブ(男)
あっ!まさかあなたさんが好きとか?
あーるん。
っバカ!んなことねぇよ!
あなた
せ、先輩?
あーるん。
あっ、あなた
あーるん。
今の聞いてたか?
あなた
なんのことですか?
聞いてませんけど?
あーるん。
そうか、ならいいけど、、、
嘘だ、


今の聞いていないというのは嘘だ。


だってあなたの目から涙が出そうになっているから。


今「傷つけてないかな、」とか思っていたのにまさにあなたを傷つけてしまった。


あんな泣きそうな顔を見て俺は胸が締め付けられた。


そして、決意した。









































『もう二度とあなたを泣かせない。』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者
今回はここまでです!
少し短いですね、すみません💦
明日はできたら投稿します。
次回もお楽しみに!