無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

帰り道







しばらく沈黙が続いて 、



何話そう 、 って勝手に焦って。







でも先に 、 沈黙を破ったのは廉で














廉「 さっきは…ありがとな 、」





『 っ、!!』


『 うん、 』














廉「 やっぱ 、いつもあなたは俺を守ってくれる。
でも、俺は男やし。もっと俺を頼ってもええねんで?」
















胸がギュッて苦しくなった 。




全身に熱が伝わって 、きっと顔まで真っ赤だろう 。





















『 私だって強い、から 。』







廉「 なんでそんな下向いてるん。笑
意地張ったって俺の方が強…… 、 」



















やめてっ 、








見ないでよ…っ














無理矢理顔を上げさせられたから 、



真っ赤な顔がバレるじゃんか…っ




















廉「 っぁ 、ば、ばかっ!!」



『 い"でっ 、』



















よくわかんないけど 、




廉が顔を急に逸らし始めて 、


そしたら思いっきりくらった廉のかばん














『 な、なにすんの!? 』



廉「 おまえが可愛い顔 、するからっっ 」



『 は、は、はああ!? 』





















なに意味わかんないっ




からかってんの 、?





私の照れまくった顔見てキモイとか思ったんでしょどうせ!!!


























『 あほ、ばかっ 、からかわんといてっ 、!!』




廉「 ちゃ 、もうごめんってちゃうねん!! 」




『 何がやねん!!もお…っ 』




廉「 ふはっ 、 焦りすぎやん 。 」




『 うるさいのっ 』





























… え、なんかまた沈黙 。




今日なんなの、?




沈黙の日。とかってカレンダーにあったっけ?


















『 れっ、廉はさ、!! 』



廉「 うわっ、ビクッた…なに? 」










『 花蓮ちゃんの事 、 どう思うの…?
さっきの話 、聞いて 』

























馬鹿だ私 …









とくに内容が無いからって 、



ずっとモヤモヤしてた事聞いちゃった…















廉「 俺 、…花蓮ちゃんの事 、su … 」



『 つ、着いちゃった!!!着いちゃったから、また今度ね!ばいばいっっ 』

















聞きたくなかった 。




廉はきっと、好きって言おうとしたのは分かってる。







でも 、やっぱり聞きたくなかった 。





ただの自業自得なのに 。





















お母さんが家に居たから 、




急いで階段をかけ上って 、












ずっと我慢してた涙を、枕の上に落とした 。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れーなつ 。💧🏀
れーなつ 。💧🏀
" 負けず嫌いな漆黒王子に恋をした " どもっち 、れーなつ💧🏀です! ファンマーク 💧 前垢)user/602449+ # 前髪命のなつかのコンビ # 🏀+💧 当たり前じゃん永久不滅だし♡ # なつなつコンビ 手と手を合わせてあったかいどうもなつなつコンビです♡ 自由気ままに小説投稿 。 受験生なので 、投稿ペース🐢です 来年の3月まで何ヶ月か 御休み予定 時々 、投稿あるかもですが 受験勉強の為、携帯いじれません!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る