無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
62
2021/02/18

第3話

第三話
あなた

ん〜!いい天気!




部屋で1人伸びをして風でふわふわと揺れるカーテンの外を見る。



あなた

お出かけでもしようかな!




えっと〜今日のセブチは…





18:00からか!




それまでに帰ってこよ〜




あなた

録画完了!これで万が一は防げるし…あとは…





恥ずかしくて言えないけど実はすんちょらのグッズを結構集めてる。





今日はお気に入りのトレカを鞄に忍ばせておでかけします!




あなた

いってきま〜す!

🍒
🍒
(あなた何してるかな…)




ヴーヴー






あなた

…?

あなた

あ!すんちょら!




スマホの通知をみるとすんちょらからメッセージが来ていた。







🍒;あなたなにしてる〜?


あなた;今日は天気がいいからお出かけするよ〜


🍒;いいな〜


あなた;すんちょらは?


🍒;仕事〜


あなた;そっかぁ…がんばってね!!


🍒;はやくあなたに会いたい…


あなた;すんちょらさらんへ〜




あなた

(わぁ…このマグカップかわいい!)




みつけたのはさくらんぼの模様のかわいいマグカップ。



しかもペアマグカップ…!!



可愛いお買い物ができてるんるん気分で街を歩く。



向かいにある可愛い雑貨屋さんに行こうと信号待ちをしているとどこからかセブンティーンの曲が聞こえてくる。




あなた

(あっ!セブンティーンだ!)





つい嬉しくて表情が緩んでしまう。



そろそろすんちょらのパートだなぁ〜なんて考えていた時。






ガンッ‼︎‼︎




とんでもない衝撃が私を襲った。




あなた

…へっ?






どこからか女の人の悲鳴が聞こえる。




どこからだろう??




その声の主を探そうと振り向こうとするが体が動かない。




あれっ…?




















私…今…倒れてる…?





あれ…なんだか視界が…





聞きたかったすんちょらのパート…聞けなかったな…