無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

399
2021/10/27

第2話

Yt
「今年もいい感じ♡」

今日は私の彼氏である
悠太くんとNctのメンバーでハロウィンパーティー!!

悠太が韓国でアイドルをしていて私は日本で仕事をしているからなかなか会えない。
去年はコロナで旅行なんてできなかった。
でも今年はたまたま私が仕事の都合で韓国にいるから会える!!

一昨年までカワイイ系の仮装ばかりしていたけど
今年はセクシー系のナースに挑戦。
体のラインがくっきり出ていて胸も少し出ていて少し恥ずかしい。

けどそんなこと気にしたら負けだよね。

今年のハロウィンはみんなどのくらい凄いのかな?

そんなことを思いつつもnctがいる部屋のドアを開ける。

안녕하세요〜こんにちは〜

🐶「어! 누나~!!あ、ヌナ〜!!

ワンコことジョンウがこちらに向かって走ってくる

정우야 안녕~ 잘 지내셨어??やっほ〜ジョンウ〜元気してた?

🐶「당연하지~ 올해 색시 컨셉구나~ 当然だよ〜今年はセクシー系なんだね

🐟「아!! (名前) コンニチハー!」

🐻「어 누나~♡ 오랜만에요~久しぶりだね〜

ジャニとヘチャンも来た。

テレビではよく見てたけどやっぱ3年前と比べると顔が変わりすぎて怖い。。

あれからぞろぞろとほかのメンバーも出てきて色んな話をした。

ショウタロウとソンチャンは初めまして。
練習生の事とか最近のこととかを話した。

「そういや、悠太くんは?」

🦦「悠太くんはメイク最後なんでもうすぐですよ。」


10分後悠太はメイク室から出てきて3年ぶりに再会。

『久しぶり〜!』

「久しぶり!3年前と比べるとまたかっこよくなったね?」

『チェリボムと比べられちゃ困るよ笑』

それにしても可愛すぎるやん

「なんか言った?」

『ううん!なんも言うてへんよ。行こか。』

それから私たちは2時間みんなでカラオケしたり踊ったり食べた。

この2時間のために私は3年間頑張ったと言っても過言ではないほど楽しかった。

「もう終わりか〜」

『あなた!来てきて!!』

「うん、、??」

私は誰もいない所に連れてこられた。

「どしたん?」

すると私は悠太の腕の中にいた。

『僕達だけの時間も必要でしょ??』

「ㅋㅋそうだね。」

私たちはとても久しぶりにハグやキスを交わした。

そして部屋から出ると

🐻「ひゅーひゅー!!!ラブラブだね??」

🐟「so Lovely!!!」

とジャニヘチがからかってきた。

「えーいやめてよ〜!!」

🌕「ラブラブ〜!!」

🔥「いいぞ〜!ひゅーひゅー!!」

🐱「今ならホテル僕が奢るよ!!」

最年長やリーダーまで。。
ダメだこりゃ。
てかテンのやつはもうもろアウトやん。

この後もnctだけじゃなくsmアーティスト方達に会った。

そんなことをしていたらもう外は真っ暗。

『あなた、送るよ。外暗いし韓国の夜は危ないよ。』

「じゃあお言葉に甘えて🎶」

私と悠太はnctマネさんの車に乗り揺れて30分。

着いたのはラブホテル。

ちょいまち。

「え、どういうこと?」

悠太は答えず私の手を引っ張り部屋へ入った。

『あんな服着てたらこーなるの想像できない?』

『それにせっかくテンが奢ってくれるし』

『今日は寝れないね♡』

夜はまだまだこれからでした。