無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

通学、
私達は、年齢はバラバラだから学年は違うの。
しゅんのすけは、3年生
将人と、銀太は2年
まるとふぉいは1年生
あなた

私は1年生

まる
なぁ、あなた一緒に学校行かね?
こうやって毎日言ってくる。
これで、56回目だ。
私は
あなた

うん、いいよ。
でも将人も居るよ

って会話が毎日繰り返される。
まる駄目か?
まる
全然…
あなた

3人で仲良く行こうよ!

まる、将人
お、おう






まる Feeling of
本当は、あなたと二人で行きたいよ。
でも、恥ずかしくて言えない毎日
俺はだせぇな。





将人Feeling of
また、まるいるぜ。
俺は、独り占めができねぇ
二人で行こうって
言う、勇気がない。
だっせぇな。
あなた好きだ(ボソッ
なんて言ってもあなたには聞こえない。
まるとの話に夢中だ、
まるに取られちゃう。
まるが、なんか言ってる。
まさか告った?
あの、まるがそんな事できるわけ














まる
明日から二人で行かね。
あなた

え、。まるがいいなら。

あなた

でも、将人が。

まる
あ、そうだよね。
まる
なんかごめん。
あなた

全然!嬉しかった!

あなた

将人に言ってみる?

まる
お、おん!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こころ
こころ
同担拒否サン逆に無理な我氏 まる推しサン脇推しサン話そー!!! 別に友達いなくても生きていけるよ だって貴方には家族がいるけん 家族に見捨てられても あなたの事を信用信頼してくれる 人は絶対おるけん! 安心してね
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る