無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

428
2020/05/03

第14話

お別れの日(前世)
私はあなた、17さい。そして今看病してるこの男の子はセンラ、同い年の子。





センラくんは病気を患っててなかなか治るものでは無いらしい。


そして…お別れの日が来た
あなた

センラ…くん?

あなた

嘘でしょ…?

あなた

嘘って言ってよ…

あなた

早すぎるよ…

センラ
センラ
ごめんな…あなた……
センラ
センラ
無理やった
センラ
センラ
お前を幸せに出来なかった
あなた

やだ…いかないで…

センラ
センラ
来世で会おうな…?
センラ
センラ
絶対見つけるから。
センラ
センラ
約束する
小指をだす
指切りげんまん…か
センラ
センラ
俺の事探しに来てね
センラ
センラ
あなただったら人目見ただけでわかるから
センラ
センラ
たとえ今の姿とは違っても
あなた

来世でも恋人でいてくれるの…?

センラ
センラ
もちろん
センラ
センラ
あなただいすきだよ。
微笑むセンラ
医師
息を引き取りました
あなた

あぁ…センラくん…

あなた

そんな…そんな……

お母さん(センラ)
あなたちゃんありがとうね。
お母さん(センラ)
ずっとセンラのそばにいてくれてありがとう
お母さん(センラ)
センラも幸せだったと思うよ
お母さん(センラ)
息子よりいい人を見つけるんだよ
お母さん(センラ)
息子のことを好きでいてくれてありがとうね
あなた

お母さん…ありがとうございました……

夢だと思いたかった
来世なんてないよ。あっても記憶なんかあるわけないじゃん



もーバカだな……センラくんは






________________________