無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

# 風 邪 ?





京本 side








河合「 さぁ始まりました 、少年倶楽部〜!! 」











河合「 じゃあ次は 、SixTONESお願いします! 」

『 はーい 』




河合くんに頼んでSixTONESの出番を早めにしてもらった 。


けどあなたもすでにつらそうなんだよなぁ 、笑








河合「 あなたは最近どう? 」

佐藤「 ......... 」

田中「 あなた? 」

佐藤「 へっ 、あ 、はい!!何ですか! 」

河合「 だからぁ 、最近どうって 笑 」

佐藤「 あ 、最近すか?相変わらず調子良きです!!( ) 」

河合「 あ 、了解でーす 」

「「 笑笑 」」










あなた大丈夫かなぁ 、、
















佐藤「 京本 、(小声) 」

京本「 ん?どした?(小声) 」

佐藤「 ちょっときつい 、(小声) 」

京本「 えっ 、あ 、わかった (小声) 」











トークの時間もいい感じだし 、


歌はすでに終わってたから 、急いで樹に伝える











『 樹 、(小声) 』

田中「 ん? 」

『 あなたがそろそろ 、(小声) 』

田中「 あー 、おけ (小声) 」

河合「 ん?樹ときょもどーした? 」

『 あ 、河合くん!そろそろ次にいった方が! 』

田中「 尺もう十分だそうでーーーす!( ) 」

河合「 え? ...... あー 、では次のコーナーに行きましょう!! 」

森本「 SixTONESさん 、ありがとうございました〜 ( ) 」

河合「 いや慎太郎も捌けろよ 笑 」

「「 笑笑 」」












慎太郎と河合くんが場を和ませてくれたところで 笑





















『 あなた 、大丈夫? 』

佐藤「 うん 、何とか 、 」

松村「 ほんっと無理すんなよ ... 」

ジェシ「 まぁでも俺ら出番ほぼないんでしょ? 」

田中「 1番最後だけ少し出る 」

『 じゃあそのときはあなた裏で休んでて 』

佐藤「 え 、でも ... 」

岩本「 お前出るって言わねえよな??? 」

佐藤「 うっ ... 休んでます 」

深澤「 は 、お前そんなフラフラで出るつもり?笑 」

ラウ「 それで倒れたらもっと問題ですよ!! 」

佐藤「 わかったよ ... 」








髙橋「 あなたちゃあああん!!!(抱きつく) 」

猪狩「 優斗うるさい 」

佐藤「 マジでうるさい 」

『 てかあなたから離れて 』

髙橋「 あ 、すみません (離れる) 」

井上「 あなたちゃん 、大丈夫ですか? 」

佐藤「 あ 、みじゅきだ〜 。もうだいぶ元気になったよ!! 」

田中「 嘘つけ 笑 まだ熱も下がってねーよ 」

橋本「 何度だったんすか? 」

松村「 38.5 」

作間「 え 、それでずっと出てたんですか!? 」

佐藤「 へっへーん 」

『 威張るようなことじゃないから 笑 』



















少クラが終わったあと急いで家に帰って寝かせたら


次の日うざいくらい元気になってました ( )








.