無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

# 風 邪 ?





田中 side








『 おはよ〜 』

京本「 おはよ 」

森本「 樹おはよ 。ねぇあなた見た? 」

『 あなた?見てないけど 』

髙地「 いつもなら来てるはずなのに〜 ... 」








確かに 、


いつもなら俺より先に来てるはずなのに 。








ジェシ「 えー休み? 」

松村「 あいつなら風邪になってでも来るだろ笑 」

『 あーありえそう ...笑 』
















佐藤「 おはようございまぁす 」

京本「 あ 、あなたやっと来た!! 」

佐藤「 ごめんごめん 、遅くなっちゃった 笑 」

『 なんかあった? 』

佐藤「 んーん 、何もないよ?ちょっと寝坊しただけ 笑 (前髪触る) 」

『 ... そっか 笑 』














あなたが前髪を触りながら話してるときは嘘ついている時 。


多分それはきょもも知ってるはず 。










佐藤「 ちょっと自販機行ってくる 」

『 気をつけろよー 』

佐藤「 親か 笑 」




バタンッ










『 ...... なぁきょも 、あなた絶対嘘ついてるよな? 』

京本「 うん 、前髪触ってたし 、なんか元気なかった 」

ジェシ「 なんか嫌なことあったんじゃね? 」

森本「 大野くんにサシ断られたとか! 」

『 うわ 、なんか有り得る ( ) 』

髙地「 えーだったら俺らに言うんじゃない? 」

松村「 いやぁかならず言うとも限らないだろ 」

『 うーん ... 』









やっぱ大野くんにサシ断られたんかな ... ( )


あ 、帰ってきた















佐藤「 ただいま〜 」

『 おかえり 。 』

京本「 ... ねぇあなた 。なんかあった? 」











おおおついに聞いた!!









佐藤「 へ?何が? 」

京本「 なんか今日おかしい 。 」

佐藤「 ... 何もおかしくないよ?笑 」

ジェシ「 大野くんにサシ断られた?? 」








いやそれマジで聞くのかよ 笑











佐藤「 断られてません来週行きますぅ〜!! 」

森本「 じゃあ何があったのよ!!答えなさいよ!!( ) 」

佐藤「 オネエ口調やめて wwwww てか何もないって! 」

『 ほんとに? 』

佐藤「 ほんとに何もなi... (フラつく) 」

京本「 あなたっ 、! 」

松村「 おい 、大丈夫か? 」

佐藤「 だいじょーぶ 、だから 、 」

『 どれどれ〜 (おでこに手をつける) え 、熱くね? 』

京本「 え 、もしかして風邪? 」

佐藤「 ちがうし 、 」

ジェシ「 もう強がっても無駄だぞ 」

髙地「 俺とりあえず体温計借りてくるわ 」

『 うん 、頼む 』

佐藤「 でも 、今日少クラ 、 」

『 お前は休め 』

佐藤「 やだぁ 、、 」










風邪なのに出るってやばいだろ 笑



















髙地「 借りてきた〜 」

『 さんきゅ 。ほらあなた 』

佐藤「 ... はい 」












佐藤「 はい 、測った 」

『 何度? ... え 、38.5!? 』

京本「 高っ!! 」

佐藤「 私の平熱38度だし 、 」

松村「 わかりやすい嘘つくなよ 笑 」

佐藤「 やだやだ少クラ出る〜!!! 」

『 あーもうわかった 、笑 河合くんに言ってくるから 』

京本「 え 、樹? 」

森本「 マジで言ってんの? 」

『 うん 。でもつらかったらちゃんと言えよ? 』

佐藤「 わかってる 、 」















うちの姫はわがままですからね〜 笑



俺らがサポートすればなんとかなる!!はず!!( )









.