無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

398
2020/08/06

第8話

SM逆転?!(さかたん)
センラ
〜〜〜!
あなた

〜!ww

坂田
なんや……?モヤモヤするんやけど……
あなた

あ!さかたん!今ね、センラマンがね、

私は彼氏であるさかたんに、センラマンのペンギンの真似がいかに似てないかを話そうとした。
いや、「アーッタメシー!」ってペンギンじゃないでしょ( ˙-˙ )……そもそもペンギンって鳴くのか…?
坂田
………あなた。ちょっとごめん。
あなた

え?

気が付くと、私の手はさかたんの手の中に収まっていて、全速力で走っていた。え、どういう状況?( ˙-˙ )
てか、普段全くといっていいほど運動しないから結構キツイんですが?誰か助けてくれー(棒)
さかたんが足を止めた時には私の息は完全にあがっていた。ゼェゼェしながらさかたんを見上げると、どこか拗ねたような顔。
坂田
いきなり全速力で走ってごめん…。
あなた

だ、大丈夫…だけど…

坂田
あと、センラとの話を止めてごめん。
あなた

あー、それは平気wただのペンギンのモノマネの話だしw

坂田
それ。
あなた

へ?

それってどれですかね?主語がなくて何が何だか分からn(((((以下省略
坂田
お、俺がいる前でセンラとのイチャつかんといて…!
あなた

…さかたんが居ないところならいいの?w

坂田
ち、違っ!……そういうことやなくて…
あー、可愛い〜🎶なんでこんなに可愛いの〜?
私の彼氏は神〜🎶(作詞作曲:あなた)
可愛すぎて…いじめたくなっちゃうんだよね〜🎶
(典型的なドS)
坂田
俺以外の奴とあんまり話さんといて…?
あなた

え〜?wどうしよっかな〜☆

さかたんの顔が一瞬強ばったように見えた。
……さすがにいじめすぎたかな…?

心の中で不安になっていると、いつもよりワントーン低いさかたんの声が聞こえた。
坂田
へぇ…そんなに他の奴と喋りたいん…?
あなた

へっ?

ドンッ
___こ、これは…俗に言う、「壁ドン」…?
坂田
…俺のことしか考えられんようにしたろうか…?(ガチトーン☆)
満面の笑みなのに、目が笑っていない。
……スゥー(息を吸う音)_____逃げよ☆
坂田
逃げようってか?…逃がさへんで?
あなた

あ、あ、あ、…!

この後、ペンギンのモノマネを練習していたセンラマンの耳にも、私の悲鳴は聞こえたらしい。

他のみんなは私のひっつき虫と化したさかたんを見てから、私を「可哀想に…」という目で見て、何も聞いてこなかった。………残酷っ!
―――――――――✁︎キリトリ線✁︎――――――――――
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
書いてて恥ずかしかったわ←
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
ドSなさかたんもかっこいいんだろうな
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
…当たり前か( ˙-˙ )
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
頑張って書いたよ…!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
夏期講習と部活に押しつぶされそう…
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
あ!そう!身長が1センチ伸びてた!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
…ほかの友達は2センチとか3センチとか伸びてたけどね( ˙-˙ )
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
まぁ、人それぞれってことで☆
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
じゃ、おつ雨☔