無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

562
2020/06/25

第2話

甘々まふくん!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
さくちゃぁぁぁぁぁん!!!!
リクエストありがとう( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
―――――――――キリトリ線―――――――――
まふくん
ねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
寂しそうな顔をして抱きついてくる彼氏☆
激カワなんだが。え、殺す気?私を殺す気?( ˙-˙ )
あなた

んー?どしたの?

おい!照れるなあなた!ここで照れたら負けだ!
|´-`)ツンッってして作業を終わらせるんだ!
まふくん
………かまってよぉぉぉ………
あなた

〜っ////

耳元で言わないでくれ〜……////
あなた

さ、作業残ってるから…!

まふくん
ん”ーー………
頬を膨らませて私の肩にグリグリ頭を押し付けるまふくん。……スゥー(息を吸う音)  可愛い( ˙-˙ )
まふくん
…泣くよ?かまってくれないと泣くよ?
なんか千と千尋の神隠しの坊みたいなこと言ってるんだけど…私の腕握りつぶされる…?w
あなた

今作業中なの〜!

まふくん
……ちょっとだけもダメ……?
あなた

_:( _ ́ཫ`):_

あなた

わ、分かったよ〜……

まふくん
やったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
(っ´>ω<))ω<`)ギュッ♥
あなた

ぐぇっ!

急にお腹に回されてる腕に力が入ったから乙女として恥ずかしい声が…🤭
まふくん
( *¯ ꒳¯*)んふふ
まふくん
バッグハグって落ち着くー……
あなた

分かるー……

まふくん
あ、まだ髪の毛濡れてるよ?
あなた

え?まじか!もっかい乾かすのめんどくさいなー( ´・ω・`)

まふくん
じゃあ、僕が乾かしてあげる〜!
こういうところ、すごく女子として敗北感を感じる。
いや、だって普通は彼女が彼氏の髪の毛を乾かすでしょ!(当社比)
この後、イチャイチャしながら髪の毛の乾かし合いをしたらしい………
―――――――――キリトリ線―――――――――
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
……なんか短い……?
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
ごめんね…!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
公開して41分でお気に入りが5…!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
ハートが6…!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
え、夢?夢なのか?これは。
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
ほんとに皆さんありがとうございます!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
じゃ、おつ雨☔