無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

336
2020/08/15

第10話

センラさんの仕事ぶり
あなた

だぁぁぁぁぁぁぁ!!(ベッドダイブ☆)

センラ
うるさいうるさいww
あなた

サラリーマンセンラは今日も仕事ですか、そうですか

センラ
しゃーないやんw終わったらお詫びになんか奢るからw
あなた

よし来た。何にしようかな〜🎶
叙々苑もいいけど回らないお寿司もいいなー…どっちもっていう選択肢もあるね☆

センラ
破産するのでせめて一つでお願いします(土下座)
あなた

えー?…しょうがない、叙々苑で勘弁しようじゃないか!

センラ
ありがたき幸せ…!www
センラマンはいつも忙しそう。でも、ちゃんと私にもかまってくれる。うん、好き( ˙-˙ )
他の人にはないこのノリが好きなんだよなぁ…
なんて考えながらセンラマンの顔を見つめてみる。
センラ
……なに?!www
あなた

なんでも〜?ただイケメンだなぁ…って思ってただけだし〜?

センラ
褒め言葉として受け取っとくわw
褒めてるからNE☆でも正直に言ったら恥ずかしさで爆発しそうだからネジネジにひねって言ったのよ☆
(ひねれてない)
真剣にパソコンと向き合っている彼氏の横顔を眺めながらウトウトしていると、いつの間にか私は夢の世界へ旅立っていた。
あなた

ん……朝…?

時計を見ると夜中の2時。WOW☆なんで朝だと思ったのかNA☆外真っ暗なのに(笑)
私の体にはブランケットがかけられていた。多分センラマンがかけたのだろう。


隣にセンラマンがいないことに気づき、姿を探すと、隣の部屋から光が漏れていることに気づいた。
部屋の中を覗くと、まだセンラマンはパソコンをいじっていた。
あなた

……センラマン……?

センラ
うわぁ?!…なんだあなたか…びっくりしたわ…w
なんだこいつ〜!人をお化けのように扱いやがってYO〜
あなた

まだ仕事してるの…?

センラ
いやぁ、どこかの可愛い彼女さんが隣でぐっすりと寝てたんでね。心優しいセンラさんは毛布をかけて隣の部屋で作業をしてたわけですよ!やっさしいなぁ、俺
あなた

ありがとうって言おうとしたけど最後ので言う気失せたわ、このナルシストが。

センラ
すみません!!!謝るから1回だけありがとうって言ってください!!!
なんでそんなに「ありがとう」にこだわるんだ?w
あなた

あ、ありがとう…(照)

センラ
……よし、これであと五年はぶっ続けで作業できるわ。ありがとうなd(˙꒳​˙* )
あなた

5年もぶっ続けでやったら死んじゃいそうだからやめてください。

センラ
例えやってww
何?w心配してくれてんの?w
……これはあれか?「嬉しいぞー可愛いぞー」ってくるコースですかね?(分かる人には分かる)
あなた

当たり前でしょ、一応彼女なんだから

センラ
……え、可愛い…
その後は私がセンラマンを部屋から引きずり出して、無理やり寝かせました( ◜௰◝  )
そして浦島坂田船で打ち合わせがある次の日に無事に寝坊し、うらたさんに怒られましたとさ。
―――――――――✁︎キリトリ線✁︎――――――――――
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
どうも、昨日のお風呂でぼーっとしててシャンプーとボディーソープを間違えた雨音です☔
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
ちなみに頭にボディーソープをつけた後で気づき、結局2回洗いました(´・∀・`)
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
あ、リクエストありがとうございました!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
こんな感じでよかったですかね…?
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
あんまりセンラさんのメインで書かないから新鮮だった…!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
キャラ崩壊にはご注意くださいm(__)m
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
夏休み終わるまでだから、8月の23日までリクエスト募集中だからね!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
初コメさんも是非リクエストしてね!
作者ぁぁぁぁ!
作者ぁぁぁぁ!
じゃ、おつ雨☔