無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

No.108



検査の結果、何も異常はなかったみたいで


ほんとにただの過労だったことがわかり


念の為1週間入院してわたしは無事に退院した






入院してた1週間は毎日廉が来てくれて



仕事で疲れてると思うのに…。



それを感じさせないかのように



毎日いろんな話をしてくれて



わたしを笑わせてくれた



ついこないだまであんなに距離があった



なんて思えないほど…



今までの話せなかった時間を埋めるように…







お互いの事務所にはわたしたちのことを話して


わたしの事務所はもちろん"恋愛は自由!"


の方針だから応援してくれる


でも、相手が 永瀬廉 いろいろと覚悟をして


頑張りなさい。そう言ってくれた





ジャニーズ事務所はやっぱりあまりいい顔はしなくて


なにかあったらわたしの事務所と話し合って


なるべくは廉を守るからと言ってくれたみたい





廉とも何回か話し、公表などはせずに


何かあってバレたり撮られた時にちゃんと


自分たちの口から話そう。そう決めた









紫耀くんには2人でちゃんとお礼を言いに行った




平野 紫耀
平野 紫耀
やっと2人がくっついたー!!笑
平野 紫耀
平野 紫耀
あなたちゃん、幸せにね ニコッ
(なまえ)
あなた
ありがとう、紫耀くん ニコッ
平野 紫耀
平野 紫耀
廉!
言いたいことがある。
永瀬 廉
永瀬 廉
うぉっ…
なん…やねん…


紫耀くんはわたしに笑顔で話した後


廉をちょっと睨んで怖い顔をした


平野 紫耀
平野 紫耀
あなたちゃん泣かしたりしたら
その時は俺が奪いに行くから!
永瀬 廉
永瀬 廉
………
(なまえ)
あなた
………
平野 紫耀
平野 紫耀
もう!2人とも!
なんか反応してよー笑
ドラマとか見てて一回
言ってみたかったんだよねー ニコッ
永瀬 廉
永瀬 廉
しょーもなっ!笑
平野 紫耀
平野 紫耀
それはひどくない?笑



そう言いながら3人で笑って話した
















ほんとにありがとう











紫耀くんにはずっと助けられてばっかり。





優しくてかっこよくて…




紫耀くんにも幸せが来ますように!!




そう強く思った