無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

No.10


スタッフA
「こっちまで伸ばして!!」








スタッフB
「そっち持って下さいー。」






スタッフC
「はい!それ、横でお願いします!」










何人もの人が走り回って





見てるだけでも大変さが伝わってくる












男性スタッフD
「あ!井上さん!」








1人のスタッフさんがこっちにむかって走ってくる








スタッフD
「井上さん!お疲れ様です!」
井上さん
お疲れ様です!
もうすぐ始まる感じですか?




スタッフD
「そうですねー!
もうすぐ、永瀬さんとか入られると思います。
てか、井上さん!!そちらの女性の方は?」







永瀬さん。





そう聞こえたけど、気にしてなかった。






女優さんかな?俳優さんかな?




知らない人かもしれないし。







これがはじめての出会いになるなんて−−−−−










井上さん
こちら、
一ノ瀬 あなたさん!
この前スカウトして、
とりあえず今日は見学来てくれた!
って感じかなー。


スタッフD
「あー!!!!!!!
ずっと井上さんが話してくれてた人!
で、す、よ、、ね??
若く見えるけどしっかりしてて
芯がありそうな笑顔の素敵な人…」


井上さん
おーーーーーい。
本人の前で言うか?それ?笑




男性スタッフD
「すっ、すみません!!!」






そう言ってスタッフの方が





私に頭を下げる
(なまえ)
あなた
ふふっ///。





わたしは照れくさいのと嬉しいので






笑ってしまった










男性スタッフD
「ほんっとに笑顔素敵ですね…
なんか、引き込まれます!!」
(なまえ)
あなた
ありがとうございます///。
(なまえ)
あなた
あ、今日はよろしくお願いします。
井上さん
じゃ、あなたさん!
こっちー!






わたしは、近くの椅子に案内される。









楽しみ、すごく楽しみ。






久しぶりになんだかすごくワクワクする。






いつぶりだろ。






こんな気持ち…












本当はこの時から興味あったんかな?










キラキラ輝けてワクワク出来て






みんなに見てもらえる世界に。