無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

No.91 廉side

--------------------廉side--------------------



あなたさんに連絡できひんまま結構時間がたった


こんだけ時間空いたらもうなんか気まずくて


余計になんもできひんわ。



雑誌とかテレビとかみてあなたさんうつってたら


自然と目で追って見惚れてしまう



ちょっと痩せたんちゃうん?


ちゃんと食べてんの?忙しいのはわかるけど…


うわ、またアホみたいな顔して笑ってるわ…笑




自分から連絡取らんよーなって離れたつもりやのに


気付いたらずっとあなたさんのこと考えてる


毎日思い出してはなんか胸が苦しくなる


恋ってこんなしんどいんかよ、だる。


そう思っていた






今日は音楽番組の収録で、


紫耀から"そういえば今日あなたちゃん一緒だよ"


楽屋でそう聞いて俺以外のメンバーは喜んでる






海人が週刊誌の記事広げて騒いでる



高橋 海人
高橋 海人
紫耀〜
ほんとに付き合ってないよね?
平野 紫耀
平野 紫耀
ばかっ//笑
付き合ってないわ!!!
高橋 海人
高橋 海人
みんなのあなたちゃん
なんだからねー!!!
抜け駆けは許さないよ!笑
神宮寺 勇太
神宮寺 勇太
それは、無理でしょ海人。笑
みんなのものって…
高橋 海人
高橋 海人
でもさ、紫耀ならまだいいけど
岸くんと熱愛とか出たらさ
俺、本気で岸くん嫌いになるかも。
岸 優太
岸 優太
おい!なんでだよ!!
勝手に嫌うなよ!笑
神宮寺 勇太
神宮寺 勇太
ははは!
高橋 海人
高橋 海人
でも、廉勝手に振られてるよ〜笑
永瀬 廉
永瀬 廉
あっ…ほんまやな…




あなたさんの話題はなんか入りにくくて



素っ気ない態度をとってまう…




用意して楽屋出たらあなたさんと会った…






やっぱりめっちゃ綺麗で…


  ドキッ として


胸がしめつけられるような感覚。



でもなんかいつもの元気な笑顔やなくて



やっぱり痩せたんかな?そんな気がして



ちょっと心配になった…




メンバーと笑って話してる姿を横目で見ながら


俺は下を向いて話を聞いてる





(なまえ)
あなた
廉くん!久しぶりやな ニコッ
今日はよろしくねー!




あなたさんが下からのぞきこんでくる



やばっ…///



そう思ったけど俺は素っ気ない返事をしてまう






あなたさんはそのあと紫耀と楽しそうに話してて



それが羨ましかった







いつもは会ったらすぐに俺のとこ来てて



笑顔で手振ってくれたりオチのない話してきたり


あんなに楽しかったのにな。


もう来てくれへんねやな…





わかってる



俺がこの状況作ったこと




でも、やっぱり会えたんは嬉しくて




好きやなって思ってしまう


  






なぁ?








結局さ、










俺は、どうしたらええんやろ?