無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

No.48


ネットは相変わらずいろんな人の勝手な妄想が



書かれていたけどわたしは何も気にせず



肯定も否定もしないまま、日々仕事をこなす



時間が経てばきっとみんな忘れる!


そう思ってる





廉くんとのドラマの撮影もあと数回で終わり。



ドラマは思っていたよりも視聴率が良かったみたいで



世間の話題になっていた。


(なまえ)
あなた
おはようございまーす!


スタッフ
「おはようございまーす!お願いしまーす!」

永瀬 廉
永瀬 廉
おはようございますー!




今日はドラマの大事なシーンの撮影




キスシーンがある…





って言ってもしないけど。笑



台本には "しようとする素振り"と書いてあり



実際にはしないで、カメラの角度でしてるようにみせる



って感じかな?





スタッフ
「はじめまーす!」




そう聞こえて位置に着く。
永瀬 廉
永瀬 廉
なんか、めっちゃ緊張するわ笑
(なまえ)
あなた
わかる!!!笑
しないってわかっててもさ
ドキドキする!
キスするかしないかじゃなくてもう廉くんが



目の前にいるだけで嬉しいしドキドキする



心臓がうるさい…



集中!仕事モードをONにする




----------廉side----------


今日は、あなたさんとキスシーン的なんがあって



ほんまにめっちゃ緊張する



この前の抱きしめたシーンの時でさえ



離したないって思ったのに



今日はもうこんなん、したらあかんて



わかっててもしたくなるやん笑



アドリブってことにして、しよ…かな?



事故ってゆうか…仕事のためってことで…




な?笑



------------------------------





スタッフ
「本番5秒前…4…3…2……」





ゆっくりと廉があなたに近づく…




永瀬 廉
永瀬 廉
(そっと抱き寄せる)
(なまえ)
あなた
(泣きながら廉の顔を見上げる)
(悲しくて切ない顔…)
永瀬 廉
永瀬 廉
(顔をゆっくりと近づけて
首を傾ける)







チュッ






スタッフ
「ざわざわ……」
(なまえ)
あなた
(えっ………)
唇に柔らかい感触を感じる…



それもずっと…



スタッフ
「カッ、、カッ、カットー!!!」



永瀬 廉
永瀬 廉
(ゆっくりと唇を離し
抱きしめてた腕を緩める)
(なまえ)
あなた
エッ…
れ、、ん、、くん…?
永瀬 廉
永瀬 廉
すいません!!!みなさん!
いや、ここはほんまにした方が
いいと思ってしてまいました!笑
アドリブってやつです!笑
永瀬 廉
永瀬 廉
いやー、絶対めっちゃいいのん
撮れた思うんすよね!
見てみてくださいよー!笑



徐々にスタッフさんが笑い出し、バタバタし出す



スタッフ
「ちょっと確認します!」




そう言って監督さんたちと話をしている

永瀬 廉
永瀬 廉
急にごめん!あなたさん!
(なまえ)
あなた
あ、うん。
び、びっくりしたけど…
大丈夫!ぜんっぜん!
いいドラマ作るためやもんね! ニコッ
永瀬 廉
永瀬 廉
ドラマやからとかやなくて
俺がしたくてした
って言ったらどうする?
(なまえ)
あなた
エッ…
真っ直ぐにわたしを見つめてくる…



返事に困っていると廉くんが笑い出す
永瀬 廉
永瀬 廉
フハハハッッ!!!
なんちゅう顔してんねん笑
冗談やって!!笑
(なまえ)
あなた
もうッッ!!!!!
からかわんとってよ!!!笑


一緒でも嬉しくなった自分が恥ずかしかった




わかってる、片想いってことくらい。






----------廉side----------


あーあ、ほんまにしてもうた。


あなたさんの唇、めっちゃやらかかった////


何思ってんねん、おれキモすぎやろ笑


でも、とりあえず誤魔化せてよかった。笑


これで、俺のことちょっとは気になるよーなったかな



友達とかやなくて男として見てくれるよーに



なったりせんかな?




------------------------------










2人の思いはもう通じ合っているのに結ばれない



お互いが  "かたおもい"



そう決めつけているのと、この関係を崩したくない



そう思っているから…