無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

No.79
2人でスタジオに戻って撮影の続きが始まる





監督
「おっけー!!すごくいい!よくなったよ!」




(なまえ)
あなた
ありがとうございます!!!
平野 紫耀
平野 紫耀
よかったね!あなたちゃん!



スタジオに戻ってからは自分の中でも何かが変わって



びっくりするくらい演技に集中できた。





紫耀くんに抱きしめられたから…かな…?




あのときほんとに安心できて心から落ち着いた




人ってこんなに暖かいんだって身に染みた




廉くんのことが好きなのに他の男の人で



安心するなんてわたしもダメだな




そう思うけど、今回だけは…今回だけは…



神様、許してください。。。








スタッフ
「今日は以上でーす!お疲れ様でした!」





紫耀くんがわたしに話しかけてくる




平野 紫耀
平野 紫耀
あなたちゃん、お疲れ様!
後半の巻き返しすごいね! ニコッ
(なまえ)
あなた
お疲れさまー!
(なまえ)
あなた
コソッ
さっきのこと…
えっと…あの…
いろいろ…ごめんね
それと…ありがとう///
わたしは紫耀くんに近づき周りに聞こえないように


小さい声で話した



思い出すと恥ずかしくて顔が赤くなるのがわかる



平野 紫耀
平野 紫耀
コソッ
俺なんかでいいなら
いつでも抱きしめるよ?笑

廉じゃなくてもさ…
俺がちゃんといるから… ニコッ
(なまえ)
あなた
えッ…?



そう言うと紫耀くんは手を振って出て行った







なんで、廉くんが出てくるの…?




わたしと仲良いから…?



それとも…?



え…まさか…



好きってバレてる…?





なんで…?