無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

No.46


歌番組の収録が始まり、わたしの出番になる。





司会
「それでは、今話題の一ノ瀬 あなたさんで
"君といた時間"の主題歌です。どうぞ!」






イントロが流れてわたしはマイクを構える






静かに流れるバラードの曲で語りかけるように歌う





今までは颯人のことを思いながら歌ってたけど





最近はこの歌を歌おうとすると廉くんが浮かぶ





好きって気持ちがいつからなのかわからないけど





気付いたら廉くんのこと考える日々。





当たり前のように毎日、ドラマの撮影で会って話して





LINEとか電話もたくさんして友達から






いつのまにか好きな人になってた





絶対に叶うはずのない恋だけどちゃんと





納得いくまで好きでいれたらいいな。




想いを伝えることはできないけど好きでいさせてください





そう思いながら歌詞の言葉ひとつひとつをかみしめる





胸が締めつけられるような気がして





下唇を噛んだり顔を歪めながら一生懸命声を出す
(なまえ)
あなた
♪そばにいたいけどいられない♪
♪わたしのこと忘れないでほしい…
♪でも誰かと幸せになってね♪


涙が溢れそうになりながらもこらえて歌い終わり




スタジオは拍手に包まれた。





わたしはカメラの前で深く頭を下げて





スタジオをあとにする。









歌ってる時のわたしの姿をみて





いろんな人が勝手な推測をはじめて





注目を浴びることになるなんて思わなかった…