無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

No.68




好きな人が目の前にいる…





すぐ近くにいる…




緊張するけど、、、





どうせなら届けるように…歌いたい。





よし!歌うか。





下を向き目を閉じる…



イントロが流れてゆっくりと顔をあげて前を向く




寂しくて儚くて切なくわたしは訴えかけるように



ささやくようにそっと歌う


(なまえ)
あなた
♪〜〜〜♪



…♪


無事に歌いきり拍手が起きる




わたしはカメラに向かって手を振り





一度頭を下げてからステージを降りる




--------------------廉side--------------------





いつもはほんまあほみたいな笑顔でヘラヘラしてんのに




音楽始まって顔をゆっくりあげたらただの別人。




この歌うたうときはほんまに特別やな




スタジオの空気がガラッと変わるし





みんな黙って聴きいってしまう。



あなたさんの声は綺麗で引き込まれる




この声、ほんまに好きやわ。




------------------------------------------------------------



無事に全て終わりわたしは楽屋に戻る









(なまえ)
あなた
はぁ〜。
つかれた



コンコンコン




ガチャッ



井上さん
おつかれー!!
(なまえ)
あなた
あっ!井上さん!
いつ来たん!笑
井上さん
着いてスタジオ見たら
あなたが歌ってた!笑
(なまえ)
あなた
さっきか!笑
井上さん
まあね笑
今日はもう帰ろ。明日も早いし!
(なまえ)
あなた
はーい!





2人で楽屋を出ると、キンプリのみんなとまた会う






高橋 海人
高橋 海人
あなたちゃん
今日はよくあうねー! ニコッ
岸 優太
岸 優太
たしかに!!
神宮寺 勇太
神宮寺 勇太
嬉しいことだね! ニコッ
平野 紫耀
平野 紫耀
あなたちゃんお疲れさま! ニコッ
(なまえ)
あなた
今日はたしかによく会う!笑
みんなお疲れさま ニコッ
廉くんはちゃんとご機嫌
なおってよかったでちゅねー?笑
永瀬 廉
永瀬 廉
うっさい!笑
赤ちゃんちゃうねん!笑
高橋 海人
高橋 海人
ほんとあのあと楽屋きて
廉、普通だったからさ!
あなたちゃんなにしたの?笑
ほんとありがとね!
(なまえ)
あなた
なーんもしてないよ?
ねぇー?れんれん?笑
永瀬 廉
永瀬 廉
変な呼び方すんなや!笑
井上さん
あなた、そろそろ
明日も早いし帰ろうか!
(なまえ)
あなた
はーい!
じゃあみんなまたね!
高橋 海人
高橋 海人
まったねー!
神宮寺 勇太
神宮寺 勇太
じゃあね!きをつけて!
岸 優太
岸 優太
おっつかれーい!
平野 紫耀
平野 紫耀
またあしたね! ニコッ
廉くんがわたしに近づいてきて耳元で喋る
永瀬 廉
永瀬 廉
(コソッ)
あとで。
帰ったら連絡するから…
(なまえ)
あなた
(コソッ)
はーい! ニコッ
高橋 海人
高橋 海人
れぇーん、
何言ったの???
永瀬 廉
永瀬 廉
なんでもええやん!
俺らもはよ帰ろ!!



キンプリのみんなと別れて歩き出す






わたしは廉くんからの電話を楽しみにしながら




家に帰った