無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

No.3
よし、今日も仕事終わり!!



早く家に帰って晩御飯の支度しないと!



そう思って片付けていた時。
上司
一ノ瀬くん

お疲れ様!

申し訳ないけど

明日、急に商談が入ってしまって

この資料早急にまとめてくれへんか?

出来たら今日中が嬉しい!


え、、、、。



もうーーーーーーーー。


颯人も今日は早く終わるって言うてたから


久しぶりに2人でゆっくり


ご飯食べれるって思ってたのに。


なんて思いながら…
(なまえ)
あなた
わかりました!!!

やります!任せてください^^
(なまえ)
あなた
〜LINE〜

颯人、ごめん。
仕事頼まれて帰んの遅くなる…
適当にご飯作って食べてて!

また帰る時連絡するわ!
石川 颯人
石川 颯人
〜LINE〜

わかった!
帰ってきたらすぐ食べれるように
あなたの分もちゃんと作っとくから!
なるべく遅くならないようにね。



はぁぁぁぁぁぁ。




ほんまにいい人。



仕事に理解もあってわかってくれる。





颯人は私が仕事好きなん知ってるから


"結婚しても何も変えなくていいよ"


って言ってくれて


"家事は分担しようね"


って言ってくれて




いつも助けられてる。
















このとき





仕事なんか引き受けずに




上司に謝って帰ってたら





普通の幸せがありましたか。






普通を手放したのは私ですか?