無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

No.41


ドラマの撮影が始まり、1ヶ月が過ぎた




現場も最初とは違い、暖かい雰囲気になってる




廉くんとも今までよりもっと仲良くなり




頻繁に連絡をとり仕事の相談をし合ったり




キンプリメンバーの話を聞いたり



しょーもないこともすぐにお互い報告し合う



周りからも「ほんと仲いいですねー!」




そう言われるぐらい距離が縮まってた








主題歌を歌うために必死で歌の勉強もして





ボイトレも頑張りレコーディングも無事終わった




ドラマに合った悲しい切ないラブソング




"そばにいたいけどいられない"




"わたしのこと忘れないでほしい"




"でも誰かと幸せになってね"




そう語りかける歌で、わたしにとっては




颯人に捧げる歌のように感じて颯人を




思いながら歌うようにしてる




そうすると自然とうまく歌えるから…





こっちに来てから最初の方は颯人とも連絡を取ってて




何かあった時に真っ先に報告したり相談するのは



颯人だった



別れてからも忘れられなかった




でもこの前、ちゃんとお別れを告げた




連絡取れる環境にいるとずっと頼ってしまう




だから本当のさよならをしてきた





電話でちゃんと話して




ありがとう   と    さよなら




それと



幸せになってね。もう連絡しない。颯人から卒業する




それを伝えて電話を切った








スタジオの準備が出来るまでの待ち時間に



廉くんに話しかける
(なまえ)
あなた
廉くん!
ちょっと話聞いてほしい
永瀬 廉
永瀬 廉
んっ?
どしたん?



そして、わたしは颯人と本当にさよならしたことを




廉くんに話した
(なまえ)
あなた
ごめん!こんな話して。
興味ないやろけどなんか
誰かに聞いてほしくて…さ…
永瀬 廉
永瀬 廉
全然ええよ!なんかあったら
話聞くでって言うたやん? ニコッ
てか、あなたさんはそれでよかったん?
(なまえ)
あなた
うん!よかった!
いつまでもずるい事?はしたくないし
わたしはわたしなりにちゃんと
頑張らないと! ニコッ


そう言うと廉くんが近づいてくる…



わたしの頭をポンポンとなでて笑顔になり



優しい声で言う
永瀬 廉
永瀬 廉
えらいな、あなたさん。
でも1人ちゃうで?俺もおんねんから
ちゃんと周り頼りや? ニコッ
(なまえ)
あなた
ドキッ…



えっ…



わたし、今…



ドキッとした…?