無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

No.85
永瀬 廉
永瀬 廉
(LINE)

ごめん。今日無理なった
また連絡する


廉くんからのLINEを見てわたしは肩を落とした



(なまえ)
あなた
忙しいのかな…
しょーがないか。


そう思い、わたしは一人でタクシーに乗り帰った





ほんとは運転する廉くんの横でこの街並みを




一緒に見れたのかな…




わたしがしょーもない話ばっかりして2人で笑って





廉くんに突っ込まれてたのかな…笑




そうおもうとなんか寂しくなった






家に着いて廉くんに返事をする




(なまえ)
あなた
(LINE)

お疲れ様〜
ぜんぜん大丈夫!
またいつでも誘って!



仲直り?出来るって思って。





まぁ、喧嘩なんかしてないけどさ…




前みたいな時間が戻ってくるそう思って





舞い上がってたのはやっぱり私1人だけか。




会えるって嬉しくなって触れたいって思うのも






ぜんぶ、、ぜーんぶわたしだけ。





廉くん…





どうしたら振り向いてくれますか?





どうしたらわたしを見てくれますか…?







欲張りな感情がわたしを襲う。
















--------------------廉side--------------------





仕事なんか手に付かんぐらい嬉しくて




今日会えるって思ったら自然と笑えてきた





時間通りに仕事終わらしてあなたさんの事務所まで



車を走らせた





駐車場に着いたら時計は…20:00







よっしゃ!めっちゃええ時間やん?




もうすぐ出てくるかなー。




そう思って俺は地下駐車場の通路の入り口を





見つめながらあなたさんを待つ。







20:08






あなたさんが出てきた…





マネージャーさんと2人で話して別れる






いつものあのアホみたいな笑顔で笑いながら





携帯を取り出したあなたさんが見えて





俺はクスッと笑ってしまい…笑




車から降りて声をかけようとしたそのとき









男の人
あなたッッ…








男の人の声が聞こえた。






あなたさんから笑顔が消えて…





振り向いて驚いたような顔をして





その人の名前?をよんだ。














(なまえ)
あなた
は…や…とッ?





はやと?





誰?このひと。そう思ってたら




その男の人はいきなりあなたさんを抱きしめた





永瀬 廉
永瀬 廉
エッッッ…?





俺は目の前の光景が信じられへんくて





でも2人が話す声はちゃんと聞こえてきた。




"はやと"ってひとは、たぶんあなたさんの





元婚約者…やと思う





あなたさんのことが忘れられへんくて




大阪から追っかけて来たらしい





"一生そばにいてほしい"




紛れもなくそう聞こえた





またあなたさんのことを抱きしめてて








なんかそこで俺は見てられんくなって





永瀬 廉
永瀬 廉
(LINE)

ごめん。今日無理なった
また連絡する



あなたさんにLINEを送ってから






車を出して駐車場を出た。
永瀬 廉
永瀬 廉
ははっ…





車の中で一人…




乾いた笑いが出る





抱きしめられとったあなたさんの顔…





驚いてたけどなんか安心してるように見えた




あの人とより戻して結婚するんか…




俺じゃやっぱ、あかんよな




紫耀の言ったとおり、俺らじゃない人選ぶってやつか笑




ほんま恥ずかしいわ、




楽屋で俺の名前よんで泣いてたって聞いて




ちょっと期待しとったけどさ、




ただの自意識過剰やん、笑


----------------------------------------------












近付くはずだった2人の距離





交わりそうになればまた




すれ違う…