無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

No.72

司会
「今日は、この方に来ていただいてます。
一ノ瀬あなたさんでーーーーーーす!!」



スタジオ
キャーーーーー!!!!!
パチパチパチパチパチパチパチ



(なまえ)
あなた
よろしくお願いしまーす! ニコッ



司会
「いや、大丈夫?笑
こんなバラエティ番組出てもらって…
断りなよ!ちゃんと!ほんっまに!笑」
(なまえ)
あなた
この番組ほんまにずっと見てて
だいっすきなんですよ!笑
光栄ですっ!  ニコッ



たくさん笑って変顔させられたり一発芸させられたり




大変だった…笑




司会
「女優さんにこんなことやらせてほんまに
この番組大丈夫?笑」


周りのみんなは笑ってていい雰囲気で終えれた
(なまえ)
あなた
お疲れ様でしたー!
ありがとうございました!



司会
「めっちゃおもしろかったわ!あなたちゃん!
また来てなー!」



わたしはお辞儀をして井上さんと帰る準備をする



(なまえ)
あなた
怒涛の一日やった…
井上さん
いや、ほんとに今日は
よく頑張ったよ!!


運転しながら井上さんがほめてくれる


(なまえ)
あなた
明日は映画の撮影だけ?
井上さん
そうだね!
明日は…それだけ!
明後日からはまたちょっと
ハードになるからね!


家の前まで送ってもらい、わたしは車を降りる


井上さん
じゃあ!
明日は12時に迎えにくるから!
(なまえ)
あなた
オッケー!!
おやすみなっさーい!



家に着き、ソファーにダイブする




(なまえ)
あなた
ほんっまに疲れた…


心の声が出てるやん、わたし。笑



そう思いながら携帯をみるとLINEが来てた





永瀬 廉
永瀬 廉
(LINE)
今日もおつかれー!
俺はもう寝るでー笑
あなたさんも早よ寝えやー
おやすみ。



好きな人からのLINE…



内容も特にないしほんと素気なくても…



連絡がくる。ただ、それだけで嬉しくなる



何日も何ヶ月も続いてる廉くんとのLINE



ぜんぜん会えてなくてもこのやりとりだけで



繋がってる感じがした。






起き上がって机の上のノートをひらきペンを持つ











"れ、ん、あいなんてしないって決めたのに…

がんばろうって思ったよ

すぐそばで笑ってほしいよ

きみが本当に愛しいよ"













毎日会えてなくても好きが増えていって溢れてくる



(なまえ)
あなた
なんで…
好きすぎでしょ…
ばかだねー、わたし。




そう言いながらノートにかいた文字をみつめる






(なまえ)
あなた
あーーーーーー。



気分を変えようと思って、キッチンにいくと



紫耀くんとの約束をふと思い出した!





明日、朝ゆっくりできるし…



紫耀くんと前に約束してたご飯、、、



なんか適当に作ってみよかな!




作り置き出来たり冷凍できる系がいいんかなー。




朝早起きしてスーパー行ってから考えよ







そう思ってお風呂に入って明日に備えてすぐに寝た