無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

No.20




廉くんが私に近寄ってくる





永瀬 廉
永瀬 廉
あなたさんっ!
お疲れっす!
(なまえ)
あなた
廉くん
今日はありがとう!
撮影中んときとか
めっちゃフォローしてもらったし…
ほんまにお疲れ様でしたっ ニコッ
永瀬 廉
永瀬 廉
いや、めっちゃ楽しかったで!
ほんまにおもろかったし!!
よかったら連絡先教えてや!
またいろいろ話したいし。
(なまえ)
あなた
私もめっちゃ楽しかった!
でも、連絡先は…秘密…笑
もう会うこともないやろし
今日は夢みたいな1日やったし
そろそろ現実に戻るわ!笑
永瀬 廉
永瀬 廉
秘密とかなしやってーーー!
夢じゃなくて現実やで?笑
ほんまにあなたさんと話すん
めっちゃ楽しかってん!
また話したいねん、な?お願い。
(なまえ)
あなた
うーーーーーーーーーーん。
じゃ、次どっかで会ったら交換しよ?
それまで話したいこととか
めっちゃためといて? ねっ?笑




廉くんと会うことなんて2度とない






今日はほんまに楽しかったしまた話したい





私もそう思うけど、廉くんにそんな簡単に





近づいたらあかん。てか近づけへんよ…





わたしなんかがさ…?







やから、もしどっかで次会えたら





次会えたら!縁あるんかな、って思うし





仲良くさせてもらおっかなー?





まあ、絶対にないんやろけどね…















------------------------廉side------------------------









このままバイバイは嫌やから





勇気出して連絡先聞いたら断られた。





俺のことなんかほんまになんとも




思ってへんねんなぁ。






彼氏おるから?結婚するから?





大人の余裕って感じ?





俺のことはほんまに仕事の相手としか





思ってへんってことやんな、




次会ったら、、、なんて言うけど






さっき会うことないって言ってたやん






会うことなんかないからそれわかってて





そう言ってあなたさんは誤魔化してんやろな






これ以上押して嫌がられるのも辛いし





引くしかない…よ、な?









------------------------------------------------








永瀬 廉
永瀬 廉
次、会ったら絶対やで?
もう喋らんといてって言うくらい
めっちゃ話すからな!笑
(なまえ)
あなた
わーかーっーたーよー!笑
じゃ、またね。
廉くんのこれからの活躍
テレビとかでしっかり見るから! ニコッ



わたしは廉くんにバイバイと手を振り






スタジオのスタッフさんたちにも会釈をして








井上さんとスタジオを出て事務所をあとにする。