無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

No.6
(なまえ)
あなた
………
ってことがあってん。
どう思う?
最高に面白くない???笑




帰り道あったことを颯人に話す






石川 颯人
石川 颯人
あなたかわいいし綺麗やし
ありえるかもしれんで〜〜?
(なまえ)
あなた
そんなわけないーー。
とりあえず番号教えてしまったし
早く変えないとやなー
石川 颯人
石川 颯人
でも一回くらいは見学?やっけ?
行ってもいいんやない?
事務所とかいけるの滅多にないし
てか、普通は絶対入られへんし!
女優さんとか会えるかもやん!!
行くだけ行ってきたら?
またその話聞きたいし!!!
(なまえ)
あなた
絶対、おもしろがってるやろ〜
てか私に行かせて話聞きたいだけ
絶対そうやろーー!???
石川 颯人
石川 颯人
ははは笑
よくわかったなー。笑
でも、とりあえず一回行ってみ!
ほんまに!
もしかしたら仕事にいかせること
知れたりするかもやで?
(なまえ)
あなた
うーーーーーーーん。
考えとく






颯人に話したら





一回行ってみたら?





って言われた。






一回だけなら行こうかな?







颯人も言ってたように






仕事に役立つことあるかもやし







違う世界見れるチャンスも





もう2度とないやろし。






よし、連絡きたら話だけでも





聞きに行こう!






石川 颯人
石川 颯人
あなた!
寝るで!
おやすみー。
(なまえ)
あなた
おやすみ。












−−−−−−−−−−−−−−−−−−











行く    行かない









この決断が人生を変えるなんて









普通じゃなくなるなんて











自分や颯人を苦しめるなんて