無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

No.35.
翌日





今日からドラマの撮影が本格的にスタートする!






相手は廉くんっていうのもあって安心できるとこも




あるのは確か。でも、やっぱり全てがはじめてで





味わったことのない緊張感でいっぱいになる





スタジオに着き、挨拶をして中に入る





(なまえ)
あなた
おはようございます!



みんな
「おはようございまーす!」






スタッフA
「あなたさん、おはようございます。
こっちお願いします!」





スタッフさんに着いて行きメイクをしてもらい





着替えてまたスタジオに戻る





スタッフA
「一ノ瀬 あなたさん、入られまーす!」




スタジオに戻ると廉くんがいるのがみえた


永瀬 廉
永瀬 廉
あなたさんおはようーっ。
今日から頑張ろうなー! ニコッ
(なまえ)
あなた
おはよう!
いろいろ迷惑かけると思う
けどよろしくですっ!頑張る!










何回も間違えて撮影をとめてしまったけど





なんとか今日の分は終わったみたい。







つかれた…






思ってた以上にしんどいし難しいし上手くいかない。



永瀬 廉
永瀬 廉
あなたさん、おつかれ。
顔死んでるやん!笑
大丈夫?
(なまえ)
あなた
顔死んでるは、失礼ー!!!笑
でも、、、えーっと。うん…
シンプルにめっちゃ疲れた、かな?
うまくいかなさすぎて悔しいし。


下を向きながらいじけたように話す


永瀬 廉
永瀬 廉
偉そーなこと言えへんけど
最初はそんなもんやと思うで?
俺もこのドラマで恋愛もん初めてやし
これから一緒に頑張っていこや!
相談とかのるし、練習とかやったら
付き合うで!
(なまえ)
あなた
ありがとう ニコッ






----------廉side----------





いつもの笑顔がないあなたさんが目の前におる




こんなん思ったらあかんかもやけど




下を向いてなんか思い詰めたような顔のあなたさんも



綺麗やなって思ってしまった。




笑顔が一番好きやけど色んな表情見れるのが




ほんまにめっちゃ嬉しい。




はぁーっ。どんどん好きになってまうやん。




結婚するとか…彼氏いるとか…




あなたさんからそういう話ちゃんと聞いたら




ケジメとして諦める、



だれにもなんも言わんとこの気持ち捨てるわ。








-----------------------------------




廉くんと少し話してると




井上さんによばれる。
井上さん
あなたさーん!
次あるんでいきましょう!
(なまえ)
あなた
あっ!はーい!
永瀬 廉
永瀬 廉
この後も仕事なん?
(なまえ)
あなた
インタビューが2本と
なんか撮影があるみたい。
頑張ってきまっす!!  ニコッ
永瀬 廉
永瀬 廉
頑張っておいで!
ほな、また明日な!






バイバイと手を振り






スタジオの皆さんに挨拶をして出て行く。








よしっ!切り替えよ!






インタビューか。




何聞かれるんやろー





そう思いながら次の現場へ向かう。