無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

No.15


ガチャッ。











スタイリストさん
「あなた さん、入りまーす。
準備OKでーす!」





スタイリストさんがそう言い、スタジオに入る






井上さんやお偉いさんたちスタッフの方が







作業や話すのを止めてこっちに視線をうつす、、







恥ずかしくて少し下を向きながら






恐る恐る顔を上げみんなを見る。







井上さん
あなたさーーんっっ!!!!
めっちゃ可愛いっす!!!
綺麗です!!!!
最高です!!!!
俺の目に狂いはなかったー!!!!



井上さんはまたまた叫びながら





わたしの方に駆け寄ってくる






スタッフさん達もお偉いさん達も





みんな笑顔でわたしを見てくれたり





頷いてくれたりして受け入れてもらえた気がした






すっごく嬉しくて自然と笑ってしまう。
井上さん
それです…それ!それ!!!!
その笑顔がやばいんです!!
その笑顔でカメラの前でも
笑ってください!!!!!
(なまえ)
あなた
あのっ、井上さん…
さっきから叫びすぎです。笑
わたし、、頑張ってみるので
落ち着いてください。笑



わたしがそう言うと周りのみんなも笑い出す




井上さん
すっ…すいません!
興奮してしまいました!笑







現場が和んだような気がして





すごく暖かい空気が流れた





みんな笑ってて、わたしも少し緊張がほぐれた










その時。











男性スタッフA
「永瀬さん、入られまーす!」







そう聞こえた。















これが、廉くんとの初めての出会い。









この時は廉くんを好きになるなんて、







まさか、普通じゃなくなるなんて








全然思ってなかった。












普通の幸せを壊したのは











他の誰でもない、わたし…。