無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

No.17
離れて座ってた椅子を近づけてきて




永瀬 廉
永瀬 廉
緊張してますぅ?
そう話しかけられふわっと香水の匂いがする





いい匂い





そう思いながら質問に答える



(なまえ)
あなた
めっちゃめっちゃしてます…
永瀬 廉
永瀬 廉
やっぱ、しますよね〜
俺でもしますもん!
ってか、あなたさんって
よんでもいいですかぁ?
(なまえ)
あなた
あ!はい!全然!!
わたしは永瀬さんて
呼ばせて頂きます!
永瀬 廉
永瀬 廉
めっちゃなんか距離あるし
かたいですって〜笑
(なまえ)
あなた
なんか、すみません…
わたしの緊張が、バレてるんかな?







和ませようとしてくれてんのかな。






優しい声で話をしてくれる。
永瀬 廉
永瀬 廉
そんな、謝らんといてくださいっ!
ってか、永瀬さんやなくて
廉てよんでください。
ちなみに敬語もやめませんか?
(なまえ)
あなた
そんなん、とんでもないです!!
永瀬さんて呼ばせて頂きますっ!
永瀬 廉
永瀬 廉
そんなそんな、
ムキにならんといて下さいよ!笑





すると永瀬さんが急に立ち上がって





わたしに迫ってくる。





え…







耳元でささやかれる


永瀬 廉
永瀬 廉
コソッ

雰囲気作りから大事やと思うんで
そう言われると




また離れて話し出す。





永瀬 廉
永瀬 廉
なんで、廉ってよんでください!
敬語もやめでください!ニコッ




今日の撮影はカップルって設定。





そっか、そういうことか。






そういうもんだよね。





お仕事やし。






(なまえ)
あなた
わかった!
じゃ、廉くんてよぶ!
永瀬 廉
永瀬 廉
ん〜。
まぁ、よしとします!
それでいきましょう!
あなたさんっ  ニコッ
(なまえ)
あなた
廉くんも敬語やめよ?
その〜、お互いやめよっ!
永瀬 廉
永瀬 廉
オッケー!
よしっ!敬語はやめ!




あなたさん





廉くん







そう呼び合うこと





お互い敬語をやめて話す。








そう決まり、廉くんとも少し話せて





また緊張が少しほぐれた気がした。








ありがとう、






廉くん。