無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

No.31
井上さん
てことで、
明日から頑張りましょー!!!
ちなみに明日は10時から
ドラマの打ち合わせなんで
8時半にお迎え行かせてもらいます!
台本とかは明日また渡しますね!
今日は疲れたでしょ?
ゆっくりしてください。送りますっ
(なまえ)
あなた
ありがとうございますっ。
助かります!




井上さんに着いていき、車に乗る。




井上さん
ちなみに家は、事務所から
車で15分くらいのとこにあります!
すぐ着きますからねー。
(なまえ)
あなた
はーいっ!



不安はたくさんあるけど井上さんが





マネージャーになると聞いて少し安心した




友達もいない家族もいない





知らない人ばかりのところで




1人でスタートするのと




少しでも知ってる人がいるのとでは全然違う




そう考えてると、井上さんが話しかけてくる






井上さん
そういえば!
社長、相当あなたさんのこと
気に入ってますよ!!!
(なまえ)
あなた
え?
どういうことですか?!
井上さん
知り合いのプロデューサーさん
とかに片っ端からあなたさんのこと
売り込んでたみたいです!
井上さん
うちからほんとにすごい新人出ます
よかったら使ってください!
とか言って頼んだりしてたみたいです
(なまえ)
あなた
そ、そうなんですかっ?
井上さん
社長から売り込むなんて
ほとんどってゆうか
今までないです!!!
だからたぶんあなたさんのこと
本気でスターにするつもりやと思います
まぁ、俺もそのつもりですけど!笑
(なまえ)
あなた
ふふっ
ありがとうございます 笑



そんな話をしてると家に着いたみたい





井上さんが車を停める。



井上さん
荷物部屋まで運びますね!
部屋は201です
これ、鍵です。



荷物を運んでもらい井上さんは帰っていく




井上さん
じゃ!
また明日、8時半で
マンションの下でお願いします。
おやすみなさーい!
(なまえ)
あなた
はい!
おやすみなさい。





部屋に入る。







今日からここがわたしの家。




広いなぁ




家具もなにもないから余計に広く感じる








ずっと颯人と2人で住んでたから






1人で家に住むなんて変な感じ。





ふとした瞬間に寂しくなる




まだ





無理







颯人…






会いたいよ?