無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

No.36
次の現場に行くために車に乗り、



井上さんが運転する




(なまえ)
あなた
あの…インタビューって、
何聞かれるんですか…?
井上さん
うーん、、
たぶんデビューして間もないし
こうなるまでの経緯とか?
あと、多分恋愛系の質問は絶対来るから
覚悟しといた方がいいかもです…笑
(なまえ)
あなた
恋愛系…ですか?



わたしは、颯人のことが頭をよぎる…




浮かない顔をしてたのかな、




井上さんが気を使ってくれたように話す



井上さん
あの…話したくないことは
無理に話さなくていいんで!
一応、NGなものはないです。
って言って全て仕事受けてますけど
答えにくいこととかあったら適当に
"秘密です ウフッ"とか言って
うまくかわしちゃって下さい笑
(なまえ)
あなた
そうですね…
ありがとうございます。
頑張って交わしてみます!笑
井上さん
あ!でも、これだけは言うときますね…
うちの事務所は恋愛は自由なんで!
もし、この業界の人のことを
好きになったり付き合ったりしても
それこそ一般の方とそうなっても
僕たちはあなたさんが真剣に
思ってる相手なら全力でサポートして
応援します!!!
井上さん
社長もそう言ってました。
"芸能人"である前に1人の人間
1人の女性だからこれから先
どんなことがあっても守るし味方になる
って!
(なまえ)
あなた
ほんっっとに
いい社長さんですね…
(なまえ)
あなた
でも、わたしは
当分恋愛はいいです…。
お仕事がんばりまーーーす!! ニコッ


うまく笑えてたかな?




颯人のことがまだ忘れられない




忘れられるわけがない…





自分でこの道を選んだはずなのにね…




井上さん
とりあえず、着いたらまず
カメラ回してのインタビューです
朝の番組で映像流すみたいなんで!
その後、記者さんからの雑誌の
インタビューになります!
(なまえ)
あなた
わかりました!






現場に着き、早速インタビューが始まる







アナウンサー
「今日は、いま話題のこの方!
一之瀬 あなたさんに来ていただきました
一ノ瀬さんお願いしまーす」






緊張してうまくできたかは不安だけど、




アナウンサーの方がすごく話しやすい方で




落ち着いて受け答えすることができた。





井上さんが言ってたデビューした経緯の話が





ほとんどであっという間に終わり




恋愛のことについては聞かれなかった




アナウンサー
「以上!本日は、
一ノ瀬あなたさんでしたー!
ありがとうございましたー!」


(なまえ)
あなた
ありがとうございました!




手を振りながらお辞儀をする





スタッフ
「お疲れさまでしたー!」




井上さん
次、あるんでいきましょうか!




そう井上さんに声をかけられ、現場を後にする





井上さん
疲れましたよねー?
でも、あとまだインタビューと
撮影あるんですよーっ!!
頑張っていきましょー!笑


井上さんのいつも高いテンションに




元気付けられてて頑張ろうとおもえる。
(なまえ)
あなた
はい!まだまだ頑張ります!





わたしはそう答えて、着いていく。










この時は、なんにも知らなかった





自分や周りを動かすほどの





大きな発言をすることになんて





たかが雑誌のインタビュー…




さっきと同じように答えたはずだったのにね。







ねぇ….







廉くん…