無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

No.37
次の現場に着き、





雑誌のインタビューとのことで会議室に通される。





井上さんの横に座り、前に記者さんが、座る。






カメラマンさんも近くにいて、




インタビュー風景を撮るとのこと。






記者A
「それでは初めていきます!
よろしくお願いしまーす。」
(なまえ)
あなた
よろしくお願いします!ニコッ
女性記者A
「生年月日と血液型、身長お願いします!」
(なまえ)
あなた
1993年6月10日 A型
身長は158cmです。
女性記者A
「出身はどこですか?」
(なまえ)
あなた
大阪です。




簡単なプロフィールからインタビューが始まる





女性記者A
「27歳ということですがこの世界に
入ろうと思ったきっかけを教えてください!」
(なまえ)
あなた
はい…
横にいるマネージャーの井上さんに
スカウトして頂きました。
女性記者A
「やはり、スカウトですか!!!
詳しくお聞きしてもいいですか?」
(なまえ)
あなた
はい…。
スカウトしてもらったんですが最初は
全く信用してなくて!笑
夜のスカウトの人かと思ったんです笑



井上さんと記者さんが笑い出す



(なまえ)
あなた
それで、ちょっと逆ギレしながら
断ったんですけど熱心に誘ってもらい
根負けして、面白い人だなと思い
撮影の見学にいくことになりました!笑
女性記者A
「あ!それがあの噂の雑誌ですよね!」
(なまえ)
あなた
あっ!はい。
そうなんです…笑
女性記者A
「あれ、ほんとびっくりしました
綺麗な人だなと思ってたんです!!
でもどの事務所探しても見つからなくて
まさかあの時は一般の方だったなんて
思ってもいませんでした!」
(なまえ)
あなた
ありがとうございますっ!
わたしもびっくりしました。
たくさん良いご意見頂いて
ほんとに嬉しかったです ニコッ
女性記者A
「あの雑誌のときは永瀬さんと
恋人同士の撮影だったみたいですが
実際はいまどうなんでしょうか?
ご結婚されてるとか
恋人がいらっしゃるとか…」




恋愛系の質問がきた…






あぁー





こうやって聞かれるのか。




そりゃ記者さんもお仕事やし





注目浴びるというか面白い話とか聞いて





独占公開、初公開とかやりたいよね。





そう思いながら、答える。
(なまえ)
あなた
結婚もしていませんし、
いまは彼氏やそういう人も
いません。




そうわたしが話すと




記者さんが少しつっこんでくる。





女性記者A
「いまは、いらっしゃらない
ということは最近まではそういう方が
いらっしゃったということですか?」









わたしは下を向き、





颯人のことを話そうかやめようか迷った





でも、やっぱりなんか今のわたしを





ちゃんと知ってほしくて話すことにした






もっと色んな方にわたしを知ってもらうには





これからもっと仕事をたくさんもらうには





できる限り包み隠さずはなす!




そう決めて、わたしは






記者さんに話しはじめた。