無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

No.30 デビュー決定



東京の事務所に着き、





会議室で社長と井上さんを待つ。






ガチャッ





社長と井上さんが入ってくる。




(なまえ)
あなた
お疲れ様です!
井上さん
お疲れでーす!
社長
お疲れ!
早速だが、今後について話そうか。
(なまえ)
あなた
はいっ!




社長が今後のわたしの活動についてはなしはじめる。



社長
実は、連続ドラマのヒロインを
とってきたんだ。
(なまえ)
あなた
えっ!!!
いきなりですか???
そんな、わたしには無理ですよ…
お芝居なんてしたことないですし。
社長
ちょ、ちょっと待って!笑
とりあえず今決まってるものを
話すからまずは聞いてくれないか?
そのあと話はちゃんと聞くから。
(なまえ)
あなた
あ、はい!
す…すみません。



社長が話しを続けていき




わたしは黙って聞く





次シーズンのドラマ『君といた時間』
のヒロインになったこと



そのドラマの主題歌を歌うこと



インタビュー10件



バラエティ番組5本



撮影(雑誌)3本




社長
っていう感じで決まっていて
全てスケジュールも調整済みだ。
いろいろ不安もあるだろうから
井上くんをあなたさんの
マネージャーにすることにしたから。
井上さん
よろしくお願いしまっす!!!




わたしは何も言えなかった。





こんなにたくさん仕事を頂けて




期待を裏切りたくない、頑張りたい、





その思いと同時に不安も込み上げる。





でも、何のために颯人と別れて出てきたのか。





頑張るしかない。自分で決めた道だから。







左手の薬指を見て、深呼吸をする。





よしっ。



(なまえ)
あなた
こんなにたくさん
ありがとうございます!!!
とりあえず、、、私なりに
頑張ってみます。
いろいろとご迷惑をおかけしますが
よろしくお願いします。
社長
よかった!  ニコッ
じゃ、あとは井上
ちゃんと説明しておいてくれ。
私はここで失礼するね。
(なまえ)
あなた
ありがとうございました!!
井上さん
お疲れ様でした!



わたしと井上さんは社長に頭を下げ





社長は会議室から出て行く。