無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

No.26 社長からのお願い


席に着くと社長がわたしに向かって話し出す




社長
雑誌、SNS見させていただきました。
単刀直入に言います。
あなたさん、
この世界でお仕事しませんか



わたしの目を見つめて問いかける





黙ったまま、なにも話せずにいると
社長
少し前に井上から
すごく輝いてて笑顔の素敵なひとが
いるという話を聞いていて
雑誌を見た時にすぐにわかりました
あなたさんのことだなと。
社長
27歳とお聞きして年齢のことも
気にされてるのかもしれません。
それと薬指、婚約指輪ですよね?
もうすぐ結婚されるだろうと
いう人にこんなこと言って
困らせてしまって申し訳ない。
社長
デビューとなると生活は
180度変わることになりますが
全力でサポートしますし
あなたさんが思う不安はすべて
取り除きますし、いい環境を作ります。
なので、私たちと頑張ってみませんか。



社長はほんっとに真剣な目、真剣な声で




わたしに話してくれる。




井上さんも横でずっと頷きながら




見つめてくる。






沈黙が流れる。





わたしは、いろいろ考え、





不安はあるし自信はないけど決心した。






長い沈黙を破る。