無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第116話

No.114


今日は早めに仕事が終わったから



スーパーで井上さんにおろしてもらい



晩御飯の買い物をする。




廉も今日は早く終わるって言ってたし




久しぶりに2人でゆっくりご飯ができる…




よしっ!ハンバーグにしよう!




そう思い買い物をして、家に帰る








永瀬 廉
永瀬 廉
(LINE)
今からかえる
腹減ったわ
今日の晩飯なにー?
(なまえ)
あなた
(LINE)
お疲れ様!
帰ってきてからのお楽しみ〜♡




廉からのLINEをすぐに返してご飯の準備をする








よしっ!できた!




もうすぐ帰ってくるなーそう思いながら



タイミングを見計らってハンバーグも焼き



テーブルに並べる














ガチャッ








永瀬 廉
永瀬 廉
ただいま〜!
(なまえ)
あなた
おかえりっ!
永瀬 廉
永瀬 廉
って、うわ!!!
ハンバーグやん!!!!
やばー!!!!!
ご飯めっちゃ進んでまう!!!笑
(なまえ)
あなた
ご飯もいっぱい炊いてるから
好きなように食べてください笑
とりあえず手洗っておいでー




廉はすぐに手を洗い席に着く




永瀬 廉
永瀬 廉
はよ、たべよ!
な?もうほんま腹減って死ぬ。
(なまえ)
あなた
わかったから!!!笑



そう言ってわたしも席に着く




2人で向かい合い顔を見合わせて



永瀬 廉
永瀬 廉
いただきまーす!
(なまえ)
あなた
いただきます。
永瀬 廉
永瀬 廉
うんまっ!!!
はぁ〜ん。もう幸せすぎるわ…
ごはん、おかわり!!!
(なまえ)
あなた
はいはい!笑
フフッ…


廉からお茶碗を受け取りキッチンへ行く







大好きなハンバーグを頬張る姿可愛くて



思わず笑ってしまう




















キッチンから見える大好きな人…



そこにいる…




大好きな笑顔が見える








わたしが好きになった相手は



一般人じゃない、普通じゃない。



芸能人で、特殊な世界にいる人。



でもわたしはいますごく幸せです…



廉と出会えて好きになって好きになってもらえて



普通じゃないけれど…




思いえがいてた幸せじゃないけど…




こんな幸せもいいかも




そう素直に思えてる









結婚…








出来るのかな?笑




その前にこのまま廉とずっといれるかな…?笑





ふと思うこともあるけど




今のこの時間、幸せを大事にすることに決めました






廉の笑顔もこの時間も全て大好きです…













永瀬 廉
永瀬 廉
あなたー
ご飯まだー???
(なまえ)
あなた
あっ!ごめん!笑
すぐ持ってく!!






























わたしは



























幸せを見つけました。










Fin