無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

No.7
翌日








11:00






仕事中に電話が鳴る







知らない番号






出ようかな、出ないでおこうかな







迷ってると切れてしまう。







すぐにまた鳴る携帯。








ピッ。












(なまえ)
あなた
〜電話〜
も、しもし。
井上さん
〜電話〜
あ!
あなたさん。
俺です。井上です!
(なまえ)
あなた
〜電話〜
あ、はい。
井上さん
〜電話〜
よかったーーーーー!!
出てくれて。
出ないかと思ってました。
あ!
で、あの、
次の土曜日空いてますか?
早速お話したくて。


本当、騒がしいひと。笑





必死なのが伝わってくるし





悪い気はしないんだけど、ね。
(なまえ)
あなた
〜電話〜
土曜日か…
はい!大丈夫です。
井上さん
〜電話〜
じゃ、10時に迎えに行きます!
お家どこですか?
(なまえ)
あなた
〜電話〜
10時ですね。
わかりました!
さすがにお家は悪いので
△◯駅で待ち合わせにしませんか?
井上さん
〜電話〜
かしこまりました!
土曜日
10時に△◯駅で!
あなたさん
絶対来てくださいよ!
じゃ、失礼します。



一方的な電話。笑






芸能事務所ってなんかもっと





堅苦しくて真面目でしっかりした人が





たくさんいるんやと思ってたけど





なんかあんなかるーいノリの人も





いるんやなーって知った。






ちょっと変やけど。笑













土曜日を楽しみにしてる








そんな自分がいた。