無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

No.73

翌朝 8:00




昨日あれだけ疲れてたのに朝はスッキリ起きれた




朝ごはんを食べて用意をしてスーパーへ買い物に行く





お肉とか野菜とか適当に買って家に帰る





なにつくろー。




好きな食べ物とか嫌いな食べ物聞いとけばよかったなー




いろいろ悩んだ結果、冷凍保存できそうなものを




考えてバランスよく和食系のものを作って詰めた



甘いものも好きかなーと思ってお菓子も作った




ふと時計を見ると、もう11:30




わたしは30分で用意をして下に降りて




もう家の下で待ってる井上さんの車に乗り込む




井上さん
荷物おおくない?
(なまえ)
あなた
ちょっとね…笑
井上さん
何もってきたの?!笑
(なまえ)
あなた
いやー、なんか
ちょっと前に紫耀くんが出前ばっかり
食べてるって言ってたからさ
なんか作ろうかーって話してさ、、、
で、今日作ってきた! ニコッ
井上さん
え?
永瀬さんじゃなくて平野さんを
好きになったの?
付き合ってるの?


井上さんはびっくりしたようでわたしに質問してくる
(なまえ)
あなた
ちがうちがう!笑
ふつーに友達として?
共演者として?って感じ!
井上さん
ふーーーーーーーん。笑
(なまえ)
あなた
ほんっとに何もないから!笑
それに井上さん知ってるやん!
わたしのすきなひと…笑
井上さん
まぁね!笑
でも、あなたには
ほんと幸せになってほしいからさ…
永瀬さんじゃない人を好きになって
欲しかった…かな笑
(なまえ)
あなた
えっ…?
井上さん
婚約破棄までしてこっち来たし?
芸能人になったからそりゃ誰と
付き合うってなってもオープンな
恋愛とかは難しいと思うけど
ジャニーズはさ…
やっぱりいろいろ問題あるし。
ハンドルを握りながらバックミラーで




後部座席に座ってるわたしをチラッとみる
(なまえ)
あなた
うん…全部わかってる
それでも好きな気持ちは…
止められなかった諦められなかった
結婚したいとか付き合いたいとか
そんな欲張りは言わないから ニコッ
また誰かを好きになれてよかったし
この気持ちは大切にするから!
仕事に迷惑もかけないよ!笑
井上さん
まぁ誰が何言っても人の気持ちは
そんな簡単に変わらないよな!
なんかあった時はしっかり俺が
フォローするから。任せろ ニコッ
(なまえ)
あなた
ほんまに頼りになるマネージャーで
よかった!わたしは幸せだーーー!!
井上さん
叫ぶのはほんまにやめて…笑



2人で笑いながら現場に向かった




井上さんがマネージャーになってくれてよかった





こんなわたしのこと考えてくれたりわかってくれたり





抜けてるところはたまにあるけど頼りになる




ありがとう…