第46話

🏩 #finale
4,446
2021/11/01 10:00
やっぱり…私は甘かった。











結局、気がつけばあの部屋の前へ、









「…やっぱり…、、」



やっぱり…私も…、、今も大好きなんだなぁ…







「…、、ふぅっ…」




ピンポ-ンッ















田中「はい…」




「た…宅急便です、」















ガチャッ




「なんちゃって…、、」




田中「ふぇっ…、、あなた…」




「…、、久しぶり…だね…」




田中「っ…、なんで…、なんで…」




「…、、じゅりくんのこと…心配で…、」




田中「っ…俺…ごめんっ…、その…」




「じゅりくんは悪くないよ…」




田中「でも、」




「ご飯食べてる、?」




「ちゃんと掃除も洗濯もしてる、?」




田中「…、何にもしてない…」




「…、、ご飯食べないとダメじゃん、」




田中「…、食欲なくて…」




「…、」




田中「…俺の事…心配してくれたの、?」




「…うん、」




田中「俺の事…忘れなかったの、?」




「…仕事いっぱいして…忘れようと思った…」




「でもね、?…やっぱり…忘れられなくて…」




田中「…、俺…あなたのこと愛してるよ」




「…、じゃあ…なんであの時…」




田中「俺は本気じゃなかった、」




田中「…、、俺…あなたのことからかってやろうって思った…」




「…、、間に受けちゃったんだ、笑…私…」




田中「もう…別れるなんて言わないから…」




田中「ずっと一緒にいて…」




ギュッ…








「一緒にいていいの、?」




田中「…俺…あなた居ないとなんも出来ない…」




「…、」




田中「もう…ほっとかないし…、雑に扱わないから…」




田中「お願い…、、もう1回…俺とっ…付き合って、、、」




「…、、ほんとに私でいいの、?…」




田中「あなたがいい…」




「っ…、、」














































「まだベッド残しておいてくれたんだね、」




田中「うん…、捨てられなくて、」




「私のベッドで寝てた、?」




田中「…ぃ、いやぁ、?」




「…えへっ…//…」




田中「…あなたいなくなって…ほんっとに寂しかったから…」




「、置いていったピアスは、?」




田中「どこだと思う、?」




「…、どこ、?…ネックレスも…」




田中「ん、」




服の中からネックレスと、


耳に髪の毛をかけたら…そこについてて…





「っ…え、?…ずっと…つけてたの、、…」




田中「うん、…まぁ…女物だし、あんまり表出さなかったけど、」




「なんで…」




田中「もしあなたがYouTubeとかテレビでこれ見つけてくれたら…また思い出してくれると思って、、」




「…、っ…泣…ありがとっ…」




田中「なぁんであなたが泣くの~っ…」




「だってっ…泣…」




田中「これからもっ…ずっと一緒にいてねっ…、?」




「うんっ…泣…」




















プリ小説オーディオドラマ