プリ小説

第11話

突然2 山田涼介サイド
伊野尾慧
伊野尾慧
あなたちゃーん
ちょっと来てー
ん。山田涼介です。
慧何するつもりなんだろう、呼び出すなんて
まさか告白とかありえないよね、え。
どうしよう




ーーーー校舎裏ーーーー

え?あれ?俺何してんだろ
え、なにつけてきてんの。
体がかってに、、、。
うえー!え、壁ドン、あんなのテレビでしか見たことない!!!!
え、え、え、え、なにやってんのあいつ
え、え、え、えええええええー!!!!
キ、キス?
慧何やってんだよ
チッ、ムカつくな。😳

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るな
るな
てつお愛してます。