無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
67
2019/07/27

第1話

>>①
私は多分アナタが好きだった、と思う。














その声や、
その笑顔、
その明るい性格や
その優しさが…














その優しさで舞い上がったり、

ドキドキしたり…

嬉しかった時があった、と思う










でもその優しさが、

辛い時もあった、と思う。








色々グルグル考えて何度も

『諦めよう』

と思った時もあったと、思う







それでもやっぱりその人からLINEが来ると

嬉しくて、

そして何度も何度もLINEが来てないか、

確認して、

来てもいないのに何度も何度もスマホを

ひらいて…

連絡を待っていた私がいた、と思う








普段は占いなんか信じないクセに

好きな人との星座や誕生日なんかで

相性とか占ったりもした日が

あった、と思う







その時は多分私は…

アナタのことが、

『好き』

…だったと思う。