無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2
2019/10/20

第2話

>>②
謎のループに入るの、

『好きだった』『好きじゃないのかも』

謎の繰り返し。

ちょっと前までは、

急にポエムを保存してプロ画になんかしたり、

挙げ句の果てには、

自分でポエム作っちゃったり。

何かと思えば、

失恋ソング聞きまくって泣いて。

情緒不安定過ぎて、何がなんだか全く

わからない。

ちなみに今は、好きじゃなかったかも

のゾーンに入っている。

好きが分からなくなって、

キスしたいと思う人が好きな人だよ、

みたいなのをどこかで聞いたけど

キスなんて好きな人じゃなくても、

出来た。

なんならHも出来た。

彼氏がいたのに…

バカなことをしたと思う。

友達に話した。

怒られた。

何をしてるんだ、と

自分でも何がしたかったかわからない。

ただHに興味があったからかもしれないし、

ただ盛ってただけかもしれない。

愛されたかったのかな、

別に愛に飢えてるわけじゃない、と思う。

普通の家に生まれたし。

ただ、長女だったから、

『お姉ちゃんなんだから』

と言われるのが嫌なくらいで。

もともと両想いに強く憧れてるのはあった。

だってお互いがお互いを好き合ってるなんて、

なかなか、ないじゃん。

こっちは、好きな人には振り向いて貰えなくて

自分の事を思ってくれる人のことを、

好きになれなくて。

何度、

自分の事を好きな人を好きになれたらいいのに

って思ったことか。

今の彼氏が、まさしくそう。

年下の一途のいい子なの。

あんな過去のことを話しても、

それでもいいと、

言ってくれた。

最低だよ。

って言われたけど、

もう一度やり直したいって、

言ってくれた。

私は過去のことを言ったら、

ムリって

言われると思ってた。

別れると思ってた。

結局自分から別れを1度告げた。

なぜだか分からないけど、

涙がでたの。

ほんとに好きだったのかなって、

思ったの。

そしたら、

その子から、

やり直したいって

言われた。

なんか凄く嬉しかった。

気がするの。

今もまだその子と付き合ってる。

前の好きな人のことも、

まだ、心のどこかで

引っかかっているけど、

好きだったかもしれない、

とか

好きじゃなかったのかもしれない、

とかウジウジ考えなくなるくらい、

堂々と、

『アナタのことが好きだった』

と言えるようになりたい。