無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

観覧車でキス
白板くん
あなたちゃん♡おまたせ
日曜日の朝。

めいっぱいおしゃれして可愛い服を着た。
あなた

う、うん

あれから黒板君と私は一言も話さなかった。
白板くん
黒は?
あなた

‥‥まだ寝てるの

白板くん
そっか♪行こ♪
手を引かれて黒板君の家を出た。
白板くん
どこ行きたい?
あなた

へっ?あ、えっと‥‥

白板くん
クスクス、

うそ、映画でも見よっか
あなた

うん♪

映画館に入った。
あなた

わ、私映画館初めてなの

白板くん
へっ?映画見たことないの?
あなた

うん‥‥、

白板くん
クスクス、ハハハ、
あなた

そ、そんなに笑わないで

白板くん
だ、だって映画とか普通に見るでしょ
それから白板君はずっと笑っていた。
あなた

も〜、






〜その頃✕りなと黒板君〜
りな
黒板君〜!
黒板君
あ‥‥?(寝起き)
りな
あ?じゃなくて!

行こ★デート!
黒板君
ああ‥‥そうか
りな
ねえ、着替えて!行こ♪
そうして着替えて二人はデートに出かけた。









〜その夜✕レストラン〜
白板くん
美味しかったね〜、
あなた

うん!あ‥‥ごめん‥‥お金

白板くん
いいよ、いいよ、

ねえ、僕の家こない?
あなた

家‥‥‥?えっと、えっと‥

りな
あなた?
あなた

へっ?

りな
偶然だね〜!デート?
黒板君
‥‥‥、
白板くん
黒とデート?
りな
うん♪
白板くん
へえ〜、
黒板君
ちょっと来い
そう言われて店を出た。
あなた

い‥いた‥‥

ちょっと!

白板くん
く‥‥黒!
後ろからりなと白板君がついてきた。

でももっと早く歩いて観覧車に乗った。
あなた

な、なに?

黒板君
‥‥黙れ
チュッ‥‥‥とキスされた。
あなた

なっ‥‥

観覧車が一周回るまでずっとキスしていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 猫とろ
猫とろ
名前変えました! 前は、「桜」です! フォロー&いいね👍お願いします★ user/57b4fc+←元このアカウントです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る