無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,621
2018/11/16

第6話

6 大好き
自分
良かった。ありがとうございます!
私は病室に戻った
京本大我
京本大我
おまたっせ!
何も知らないきょもがノリノリで
入ってきた。
京本大我
京本大我
え、何みんなどうしたの?
怖い顔して笑
ジェシー
ジェシー
大我はどうなんだよ。
京本大我
京本大我
何が??
ジェシー
ジェシー
あなたのこと好きなんでしょ?
京本大我
京本大我
好きだけど。あなたは北斗を選んだ。
だから別にいいと思う。
自分
ありがと。
自分
今日はみんなもう帰って。
ジェシー
ジェシー
分かったじゃあな。
田中樹
田中樹
お、おう
みんなを見送り
北斗の元へ行くと
北斗の目からは冷たい涙が。
私は樹に気づかれないように
自分
二人とももう寝るよー
と言いカーテンを閉めて北斗の元へ
駆け寄った
自分
どうした?
松村北斗
松村北斗
大好き。
そう言って優しく抱きついてきた。
だから優しく抱き返したら
強く抱きしめられた
自分
痛くない?
松村北斗
松村北斗
大丈夫。
少しこのままがいい。
自分
分かった。
そのまま抱きあいながら
眠りについた。