無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,826
2018/11/13

第5話

5 守る。
それからというもの
みんなが付きっきりで
私の周りに居てくれる。
樹と北斗と買い物に出かけてる時。
田中樹
田中樹
オソロのブレスレット買おー!
松村北斗
松村北斗
いいよ。
自分
いいね!
??
チッ
自分
え?
田中樹
田中樹
ん?あなたどした?
自分
あっなんでもない!
松村北斗
松村北斗
大丈夫か?w
自分
なんだよー笑
??
離れろよ!!!!!!
またアイツ
殺される。
そう思った瞬間
松村北斗
松村北斗
危ないっ!
自分
えっ。ねぇ。
松村北斗
松村北斗
良かった。無事で。ゴホッゴホッ
しかもあいつが持ってたのは
刀。樹にまで貫通してる。
自分
ねぇ。2人とも。やだ。
田中樹
田中樹
安心しろ。お前は生きてるんだよ。
大丈夫。こんなの大したことない。
??
えっ樹くん北斗くん。
お前のせいだ。
そういって2人から刀を抜き
私に刺そうとしてきた。
また何かが覆いかぶさった。
樹だ。最後の力を振り絞ってまた…。
急いで救急車を呼んだ。
あいつは警察に捕まった。
SixTONESのファンだったらしい。
病院
自分
お願い。戻ってきて。
北斗は意識がない。
樹な心肺停止で手術を受けてる。
慎太郎
慎太郎
おいっ。樹と北斗は!
ジェシー
ジェシー
慎太郎落ち着けよ。
あなた責めるなよ。
慎太郎
慎太郎
ご、ごめん。
で2人は。
自分
北斗は病室。
樹は、樹は、心肺停止で手術中。
京本大我
京本大我
あなたー!
抱きついてきた。
自分
どした。
京本大我
京本大我
あなたが無事でよかった。
自分
でも2人が。
そう言ったら私の手を握って
京本大我
京本大我
大丈夫!2人なら絶対大丈夫!
今まで何があっても大丈夫だったでしょ!
自分
うん。そうだねグスッ
自分
私北斗の病院に居るね。
そう言って病院に向かった。
自分
見てるだけじゃ眠ってるようにしか
見えないよォグスッ
松村北斗
松村北斗
泣くな。
自分
えっ。北斗?
北斗は眠ったまんま。
でも今北斗がそういったように聞こえた。
私はそのまま北斗の手を握って
眠ってしまった
自分
ん、あもう朝か。
北斗は昨日と変わってない。
みんなはとりあえず帰ったらしい。
樹はまだ手術中
自分
もう。あたしのせいだ。
松村北斗
松村北斗
ん、
自分
え、北斗!?
松村北斗
松村北斗
う、痛っ。
自分
起き上がらないで!
松村北斗
松村北斗
う、うん。
自分
大丈夫?
松村北斗
松村北斗
一応。あっ樹は?
自分
樹、まだグスッ手術してるグスッ
松村北斗
松村北斗
泣くなって。
そう言って頭を撫でてくれた。
そのまま抱き寄せられて。
自分
心の声
え。キス!?
優しくて。心地よかった。
松村北斗
松村北斗
あっごめん。
自分
大丈夫。
松村北斗
松村北斗
あのさ!
自分
あのさ!
二人で笑って
自分
北斗からいいよ。
松村北斗
松村北斗
もし良かったら俺と付き合ってください!
おっとそう来たかと私は思った。
でも。好き。大好き。
自分
はい!ニコッ
泣き笑いにそう言った。
松村北斗
松村北斗
良かった。
俺もう少し寝る。
自分
うん。ゆっくり休んで。
飲み物買ってくるね。
私はそう言って病室をあとにした。
そしたら運ばれてくる樹の姿
自分
樹、?樹!樹!
医者
離れてくださいー
変なとこで切ってすいません!