プリ小説

第3話

2
勝利side


今日は仕事が午前中だけだったから、りんねの病室へ向かった。
佐藤勝利
りんね!
りんね
お、お兄ちゃん⁉︎どうしたの?
今日仕事って言ってたじゃん!
佐藤勝利
ああ、仕事なら午前中で終わったよ!
りんね
そう…

りんねの様子がおかしい…
何かを考えているような…
佐藤勝利
りん…
りんね
(勝利をさえぎって)お兄ちゃん!
私、手術受けるよ!
佐藤勝利
は?

あんなに嫌がっていたのに?
佐藤勝利
どうしたの?
嫌だったんじゃないの?
りんね
嫌だよ。記憶が消えるのは怖い。
でも……




死ぬことはもっと怖いよ。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
佐藤勝利
りんね…
わかった。
先生には話した?
りんね
うん!
できるのは1カ月後だって。
決心したのか…
佐藤勝利
HiHiのみんなには言わなくていいの?
りんね
言わないで。絶対に!
佐藤勝利
わかった。

今日は、この後は手術の話はしないで帰った。


……………………

下手でごめんなさい!
話の展開とか、本当に下手ですよね。
誤字脱字があったら教えてください。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごパフェ🍓
いちごパフェ🍓
NEWS、SexyZone、King&Prince、関西ジャニーズJr.、 SixTONES、HiHiJets、東京B少年… みんな大好き💕 中学生になる前は、KAT-TUNも好きだった。小2から小4くらい。