無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

199
2021/11/30

第14話

🛫











 放課後 _











ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
u
u
 や〜そあや〜 帰ろ〜 
そあ
そあ
 おっし 、帰るか 。








 今日も そあと帰ろうとすると 、












じん先生
じん先生
 や〜!カン・ソア〜!! 










 アルパカが走ってきました ←














じん先生
じん先生
 お前 、ちょっと話があるから来い! 
そあ
そあ
 へ?わたし?? 
じん先生
じん先生
 そう!いいからはやく〜! 
そあ
そあ
 あぁ… じゃああなたや 、先帰っといて 。また明日な〜 
u
u
 ほーい 。










 そして そあはじん先生に連行されていった 。






 わたしは イヤホンをしてセブチを聴く 。







 やっぱり 、セブチはすごい 。







 凄く 、クセになる 。












u
u
 やっぱ 、ウジさん凄いなぁ… 













 トントン …










 誰かに肩を叩かれた 。







 振り返るとそこには 、


















ゆんぎ
ゆんぎ
 よっ 









 오빠がいた 。














u
u
 え 、どしたの 。
ゆんぎ
ゆんぎ
 いや 、たまたま見かけたから一緒に帰ろうかなって 。
u
u
 そっか 。
ゆんぎ
ゆんぎ
 何聴いてんの 。
u
u
 … 別になんでもいーじゃん 。
ゆんぎ
ゆんぎ
 ふーん 、セブチね 。
u
u
 うん ……… 






ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



u
u
 は? 
ゆんぎ
ゆんぎ
 … ㅎㅎ 
ゆんぎ
ゆんぎ
 セブチなんだな ㅎ 
u
u
 なっ うるさいなぁ! 
u
u
 別にいいじゃん! 
ゆんぎ
ゆんぎ
 はいはい 、ㅎㅎ 
ゆんぎ
ゆんぎ
 ハマるだろ? 
ゆんぎ
ゆんぎ
 彼らの沼は 底なしだよ ㅎ 
u
u
 うん … すごいよね … 
u
u
 ほんとにかっこいい 。
u
u
 私もあんなキラキラしたステージに立ってみたいよ … ㅎ 
ゆんぎ
ゆんぎ
 やってみりゃいいじゃん ㅎㅎ 
ゆんぎ
ゆんぎ
 案外あなたに似合ってたりして ㅎ 
u
u
 そうかな 、
ゆんぎ
ゆんぎ
 それにしてももうそろそろ大学進学のことも考えないとだよな〜 
ゆんぎ
ゆんぎ
 将来なにやりたいとか 、なんかないの? 
u
u
 そのことなんだけど 、




























ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ





u
u
 오빠に相談したい 。


  NEXT ✰︎