無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

真っ暗な世界





ただただ真っ直ぐ長い事歩いていた












周りは真っ暗で何も無い


そして薄々感ずいた、私は死んでしまったんだと



「こっちに来てはダメ。」



誰?



「いいから。帰りなさい。」


どうやって帰れるの?


そもそも私死んだんじゃ……


「私の声の逆へ向かいなさい。そうすれば貴方の居るべき場所へ帰れるから。」




ねぇ、貴方は誰。



どうして私を助けてくれるの?



「ずっと貴方を見守ってきたもの。大丈夫。きっと目を覚ませば分かるから。今は何も迷わず歩きなさい」



私は女性の声が聞こえる真逆へと歩く



途中何度も振り返ろうと思ったけど、何故か振り向きはしなかった。

ひたすら真っ暗道を……。










_____________凪side







あなたの話を聞いてしまったら全て終わりなんだと
私の生きる希望がなくなってしまうんだと


だから私は逃げた……


そして運度神経の良いあなたは私を追い抜くなんて容易いことで…
そのせいで、あなたは私を助けると同時に轢かれた。






私のせいだ……

あの時逃げてさえ居なければッ
凪
あなたッ…



あなたは眠ったっきり、2週間目に入ろうとしていた


合宿は終わり、IH予選が始まる。



それぞれの高校はあなたを心配して重たい表情で帰った




【1週間前】






北信介
北信介
凪ちゃん。少しええ?


北さんだけは1週間東京へ残った。
凪
はい。

病院の待合室で北さんからあなたの話を聞いた





凪
そんなッ……私ッ逃げちゃった……
北信介
北信介
思い合っててもすれ違いはある。
現に凪ちゃんとあなたはすれ違っとった。きっとその元凶からあなたは凪ちゃんを救いたかったんとちゃう?
凪
あなたに酷い事しちゃったッ、こんな事故に巻き込んでッ……あなたッごめんね、本当にごめんなさいッ……


あなたを思って泣いた…

沢山沢山泣いた……泣いても許される事ではないのに


北信介
北信介
キツいこと言うてまうけど、謝るんはあなたに失礼や。
凪
ッ……。
北信介
北信介
あなたは身を呈して凪ちゃんを守ったんやで……?それだけ凪ちゃんが大事だったんや。今の凪ちゃんにもっと謝る他にやる事あるんやない?




私の気持ちなんてわかんないでしょ!
って言いたい気持ちもあった……


けど、余りにも正論過ぎて何も言えない…
凪
今はただあなたが目覚める事を祈ります…。そして目覚めた時寂しくないように傍にいます。
北信介
北信介
流石凪ちゃんや、あなたに似て強いやん。それでええ、自分の心に嘘吐いたあかんよ。あなたを頼んだ。



北さんから言われた言葉1つ1つ心に響いた…。





あなたが目を覚ました時に連絡取れるように
北さんと連絡先を交換し、病室へ
北信介
北信介
あなた。ちゃんと目覚ますんやで。凪ちゃんも俺も待っとるんやで…。


北さんはあなたに優しく触れる。

北信介
北信介
凪ちゃん、大目に見てな
凪











北さんはあなたのおでこにキスを落とした
凪
北さんもしかして……
北信介
北信介
そのもしかしてやな。
凪
うん…。北さんならあなたをきっと救え出せます。私の代わりにあなたを守ってあげて下さいッ



北さんに頭を深く下げた。
北信介
北信介
あなたの気持ちを俺は優先したいねん。俺の恋が叶わんでもいい。




北さん大丈夫ですよ。あなた、北さんと話す時だけ少し照れた顔を見せます。



凪
北さんこそ自分に嘘吐いたらダメですよ!
北信介
北信介
嘘やないよ。でも出来る限り守るわ。


北さんはきっと本当に真面目で期待しない。
ただただ真っ直ぐな人だと思った……




あなたとお似合いですよ…。

少し寂しいけど。



あなた、早く目を覚ましてね。
沢山の人があなたを待ってるよッ。



北さんは夕方飛行機で兵庫に帰った。






▷▶︎▷▶︎NEXT