無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

稲荷崎バレー部



北さんの帽子を被ったまま体育館へ
北信介
北信介
帰ったで
宮治
宮治
北さん!
宮侑
宮侑
北さんや〜!おかえりなさい!
北信介
北信介
おん、ただいま


そんな会話が聞こえてる中私は隠れてます
尾白アラン
尾白アラン
あなたはどうだったんやー……?
元気そうやった?
わたし
わたし
えぇ!!元気ですよ!!!
稲荷崎高校
稲荷崎高校
?!!?!
赤木路成
赤木路成
なんでおるん?!
わたし
わたし
赤木さん私いたらだめなの?
赤木路成
赤木路成
だ、ダメじゃないです!
宮侑
宮侑
あなた!!居るならおるって言わんかい!
わたし
わたし
びっくりさせようと思ってさ〜
宮治
宮治
そんなんびっくりするわ!
わたし
わたし
ごめんて!
尾白アラン
尾白アラン
う"ぅぅ…元気そうでよかったわぁ……


アラン先輩は泣いてる
わたし
わたし
アラン先輩泣かないでええ!!
尾白アラン
尾白アラン
ほんま心配したんやからなぁ!




いや、そんなキレ気味に!!
わたし
わたし
改めて…心配お掛けしてすいませんでした。そしてまたよろしくお願いします!
稲荷崎高校
稲荷崎高校
よろしゅう!!!

色々会話をして





そしてマネージャーを続けて行くのかを聞かれ
迷っている。
わたし
わたし
マネージャー…合宿だったから他の人にガヤガヤ言われないで済んだけど流石に双子のファンは黙ってないでしょ
稲荷崎高校
稲荷崎高校
ん"ん……確かに
宮侑
宮侑
俺らのせいやああああん!!!!
わたし
わたし
うっっさ!
宮治
宮治
声でかいねん。声量お化けかいな
宮侑
宮侑
誰がお化けやねん!
宮治
宮治
お前じゃぼけ
宮侑
宮侑
ボケにボケゆうた方がぼけなんですぅ!
北信介
北信介
自分らうるさいで
宮侑
宮侑
ご、ごめんなさい
わたし
わたし
とりあえずマネに関しては保留でお願いします!
角名倫太郎
角名倫太郎
まぁ、なんかされても俺らが黙ってないからさ。
宮侑
宮侑
え、なにそのカッコイイセリフ!
俺も言いたい!
わたし
わたし
いや、2度は流石にカッコよくないよ?
宮侑
宮侑
いや、俺はかっこええから何度言うてもイケる!
わたし
わたし
うん、また今度ね。
宮侑
宮侑
なんか俺に冷たない?!
わたし
わたし
いや、前からな
宮侑
宮侑
嘘やん!!!
宮治
宮治
うっさいねん!


治は侑くんの頭を叩いた
宮侑
宮侑
いったいわ!
北信介
北信介
はいはい。とりあえず、あなたは保留。
今日はここまでにすんで。










_____________???side
???
???
誰やねん。あの女
めっちゃブスやのに信介くんの隣におんの?腹立つ。死ねや、ほんま腹立つ。調べて信介くんに近づかんようしたるわ。







▷▶︎▷▶︎NEXT